KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で13人感染確認

高知県内で新たに13人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から60代までの男女13人です。感染経路が分かっていないのは4人で、13人全員、症状は軽いということです。このうち、梼原町の認定子ども園では保育士3人の感染が確認され、園児95人と職員19人のほか職場体験で園を訪れていた高校生2人と教員1人が検査を受けています。また、高知市の放課後児童クラブでも小学生の感染が確認され、クラブに通う47人が検査を受けているということです。クラスターとなっている四万十市の中村河川国道事務所では新たに1人の感染が確認されました。

県内の感染確認は2141人となり、39人が医療機関に入院しています。重症の患者は7人、中等症の患者は2人で、病床の占有率は19.5%です。県は対応の目安を「警戒」で据え置いています。