KUTVニュース

冷凍「土佐田舎寿司」販売開始

高知の郷土料理として愛され続ける「土佐田舎寿司」の冷凍商品が完成しました。

「ご覧ください。電子レンジで温めていたのは、なんと土佐田舎寿司なんです。ユズの香りがふわっとしてとっても美味しそうです。」(三上萌々アナウンサー)

色鮮やかな、まるで宝石箱のような「土佐田舎寿司」。高知が誇る郷土料理の冷凍商品が完成しました。全国、そして海外に広めようと、県と「土佐寿司を盛り上げる会」がおよそ2年かけて共同で開発。冷凍にすることで、遠方への輸送でも作りたてのおいしさをキープできるほか、日持ちするため食べたいタイミングで解凍して食べることができます。解凍した時にどのようにすれば作りたての味や食感を再現できるか、会のメンバーは酢めしの配分や具材の味つけなど試行錯誤を繰り返したといいます。

「土佐田舎寿司が世界の言葉として広まっていってほしい。それだけの自信作だと思う。」(土佐寿司を盛り上げる会 三谷英子代表)

さっそくきょうからインターネットで販売が始まった冷凍の土佐田舎寿司。コロナ禍で思うようにPRができない中、県と「土佐寿司を盛り上げる会」は来年に向けて県外のホテルやデパート、アジア圏での商談会を通じ販路を拡大していきたいとしています。