KUTVニュース

高知市集団接種「高校生以上」に引き下げ

高知市はモデルナ製ワクチンを使用する集団接種の対象を「高校生以上」に引き下げました。対象となった16歳から19歳までの市民にはきょうから接種券の発送を始めました。

高知市は今月7日から毎週土曜と日曜に市役所の南別館で集団接種を行います。市は当初、「集団接種の対象は18歳以上」としていましたが、厚生労働省がモデルナ製ワクチン接種の対象年齢を「18歳以上」から「12歳以上」に引き下げたことに伴い、集団接種の対象を「高校生以上」に引き下げました。きょうは16歳から19歳までのおよそ1万2000人に接種券が発送されました。医療機関での個別接種は今月13日以降、南別館での集団接種は今月14日以降に受けられます。

いずれも接種を受ける日に16歳になっていなければ、保護者の同意が必要です。市は「夏休みの間に高校生の接種を進めたい」としています。高知市は今月中に40歳から44歳までの市民に接種券を発送する予定です。