KUTVニュース

気温上昇 高知県内に「熱中症警戒アラート」発表

きょうの高知県内はおおむね晴れて気温が上がっています。環境省と気象庁は熱中症の危険性が極めて高くなるとして、「熱中症警戒アラート」を発表し、外出をなるべく避けることなど熱中症対策を呼びかけています。

午前11時半までの最高気温は高知市で34.4℃、南国市後免で33.5℃など、すでに各地で30度以上の真夏日となっています。環境省と気象庁は熱中症の危険性が極めて高くなることが予想されるとして、「熱中症警戒アラート」を発表しました。

4段階の暑さの指数で最も高い「危険」と予想されているのは、宿毛市、高知市、須崎市、黒潮町佐賀、四万十市中村、四万十市江川崎、南国市後免、四万十町窪川、本山町です。

環境省と気象庁は、外出をなるべく避けることや、室内でのエアコンの利用、こまめな休憩・水分補給など、熱中症対策を呼びかけています。