KUTVニュース

若手警察官 迅速な災害対応へ

若手警察官が自然災害に対応する技術を向上させようと訓練に取り組みました。

きょうの訓練は警察学校への入校から2年目までの若手が対象で、人工衛星を用いた通信手段の確保や倒壊した木を切断するチェーンソーの使い方を確認しました。災害現場では、経験が浅い若手警察官に、迅速な対応をとることが求められます。

「女性なので力も男性よりも弱いので注意点を覚えて使わないと」(岩本芙海巡査)

「将来、機動隊に入って災害現場で救助などの活動をしたい。」(前島健吾巡査)

「高知県は、南海トラフ地震だけでなく災害が多く発生すると予想される。県民の皆様が安心できるように各種災害を想定した訓練をこれからも実施する。」(県警本部災害対策課 今橋健太課長補佐)

高知県警は、広島や静岡で発生した土砂災害の教訓も踏まえ、訓練を重ねていく考えです。