KUTVニュース

高知県大月町で3000本のヒマワリ満開

高知県内はきょうも高気圧に覆われ、各地で30℃を超える真夏日となりました。高知県大月町では3000本のヒマワリがほぼ満開となっていて、訪れた人たちを楽しませています。

大月町弘見の国道321号沿い、道の駅の向かい側にある畑ではおよそ3000本のヒマワリの花がほぼ満開となっています。青い空と白い雲に映えていますね。このヒマワリは地域を花で彩ろうと「四万十かいどう推進協議会大月支部」のメンバーが、5月中旬に種を蒔きました。今月上旬から花が咲き始めたといい、背丈が低く花は小ぶりですが、国道沿いを華やかに彩っています。

「すごくきれいに咲きまして、みなさん、スマホで撮ったり子ども連れて写真を撮ったりしています。ここの辺りそんなに華やかなところがないですので車を停めて観ていただいたらいいですね。」

大月町のヒマワリの花は来月上旬まで楽しめそうだということです。