KUTVニュース

高知市で成人式 大人としての決意新たに

10日の成人の日を前に高知市で成人式が行われ、新成人たちが大人としての決意を新たにしました。

高知市春野町の呉服店では午前5時ごろから振袖の着付けやヘアメイクが行われました。今年はコロナの影響がほとんどなく、着付けの予約が去年より3割ほど増えたということです。店では、およそ100人に着付けが行われました。

「やっと20歳になったんだなと。県外の友人は延期になったと聞いているので高知市では開催してもらえてよかった。大学で建築の勉強をしているのでこれから勉強を頑張りたい。」(新成人)

高知市の成人式は、感染防止対策として、去年に引き続き午前と午後の部に分けて行われました。高知市で今年成人したのは、2001年4月2日から2002年4月1日までに生まれた3148人で、就職・進学という人生の節目をコロナ禍で迎えた世代となります。

新成人たちは、コロナ禍でも式が開けたことを喜びながら、大人としての一歩を踏み出しました。