KUTVニュース

増水した川で流されたか 高知県黒潮町で女性の遺体見つかる

17日夜、高知県黒潮町で女性の行方が分からなくなり、18日朝、川岸で遺体で見つかりました。警察は、台風の影響で増水した川に転落し、流された可能性もあるとみて捜査を進めています。

中村警察署によりますと17日午後8時ごろ、黒潮町奥湊川の森下靖子さん(66)の行方がわからなくなりました。自宅近くを流れる湊川で森下さんの傘が見つかり、警察と消防が捜索していたところ、18日午前7時前、傘が見つかった場所からおよそ5キロ下流の川岸で森下さんの遺体が発見されました。

湊川は台風の影響で増水していて、警察は、森下さんが誤って川に転落し、流された可能性もあるとみて捜査を進めています。


9月18日 新型コロナ 高知県内で8人の感染確認

新型コロナウイルスについて、高知県内で新たに8人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10代から60代までの男女8人で、全員、症状は軽いということです。4人の感染経路が分かっていません。市町村別では、高知市が7人、土佐市が1人となっています。年代別では、10代と50代が1人、20代、30代、60代がそれぞれ2人となっています。感染確認の数が1桁となったのは3日連続です。県は「県民や事業者の努力の結果だ」とした上で、「きょうからの3連休も気を緩めないでほしい」と呼びかけています。

県内の感染確認は4029人となりました。医療機関に入院している人は39人で、重症が1人、中等症が5人です。病床の占有率は13.4%で、40人が入院調整中となっています。