KUTVニュース

抗体カクテル療法 高知県内でも症状改善

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染の初期段階で使用すれば重症化を防ぐ効果があるとして期待されているのが、「抗体カクテル療法」です。コロナへの切り札となるのでしょうか。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。国内では今月1日時点で140万人以上が感染し、感染が急拡大するとともに重症患者も増えています。その割合は50代以下で0.3%、60代以上だと8.5%まで上昇します。こうした中、重症化のリスクを防ぐ新たな治療が始まっています。

高知市の近森病院です。先月から導入したのが、「抗体カクテル療法」です。2種類の抗体を混ぜて投与することで、新型コロナウイルスの働きを抑え、重症化のリスクを下げる効果があるとされています。異なる抗体を投与することで、変異ウイルスにも対応できると期待されています。

7月に国が承認してから全国で導入が進み、高知県内でも16の医療機関で取り入れられていて、これまでに県内では50人以上に投与されています。対象は発症から7日以内の軽症または中等症で重症化のリスクが高い患者です。実際に治療にあたるのは、近森病院の感染症内科部長石田正之医師です。

「ここにお薬ですね。1個、2個とそれぞれあって、それぞれから必要量を抜いて、生理食塩水に溶かすということをすることになります。」(石田医師)

先月30日に近森病院で行われた「抗体カクテル療法」です。患者の男性は 中等症で10代でした。

「酸素化は悪くなかったですけども、肺炎像が少しあるという状況だったのと、あともう一つは結構高度な肥満がありまして、重症化のリスクがあるだろうと、いうことで投与をすることになりました。」(石田医師)

近森病院では、これまでに10代から70代までの5人に投与されましたが、いずれも重症化しませんでした。石田医師は他の医療機関でも症状が改善された報告があることから、重症化を防ぐ効果が期待できると言います。

一方で課題も。

発症から投与までのスピードです。十分な効果を得るには、発症後7日以内に投与する必要があります。

「適用の患者さんを早めにっていうこと、まあどうしても今の状況ですと、発症から7日を過ぎてしまうと投与できないことになりますので、そういう患者さんをいかに早く、しっかり医療機関でピックアップ、見つけるかっていうことですね。」(石田医師)

供給体制にも課題が…

「他のお薬のように在庫を置けるという状況ではないんですね。今のところどうしても、使うにあたって、使う必要があると、申請をして、それでお薬が来てという形になるので、お薬が一日とか、一日半とかですね、遅れてしまうという風なことがあります。」(石田医師)

重症化を防ぐ切り札として期待が高まる「抗体カクテル療法」。7日以内というタイムリミットを守れるよう、できるだけ早く投与できる体制を整備することが求められています。


「まん延防止」解除 酒販売店 苦しい状況続く

高知市の飲食店などで酒の提供が午後7時まで可能となったことを受け、酒販売店の反応です。

高知市の「近藤印高知酒店」です。店の売り上げの7割が業務用の販売で、主に高知市内の飲食店に酒類を卸しています。店の代表、近藤喜郎さんによりますと重点措置期間中、一般家庭への酒類の配達や生ビールのサーバーを貸し出すといった工夫を行っていたといいますが、売り上げは95%減少し、従業員が出勤してきても仕事がない辛い毎日だったと話します。

「一律でお酒の提供禁止と言われたので、販売先が圧倒的に減ってしまったということでお酒という物が必要とされてないという感じになってしまうので、実質このまま仕事をしていていいのだろうかという形にはなりました。開店休業状態でしたので。」(近藤印高知酒店 近藤喜郎代表取締役)

きょうから少しずつ飲食店からの注文も入ってきているということで、近藤さんは「少しでも仕事があるだけありがたい、ホッとしている」といいます。しかし苦しい状況が続いていることに変わりはなく「何らかの対応があれば」と話します。

「感染対策を徹底している飲食店には国なり県なりから営業してもいいという許可書や時間の延長、それから実際にワクチンを打たれた接種が済まれた方にはワクチンパスポートのようなものを発行していただいて、それがあればご家族とか少人数であれば外食してもいいよ、というようなものが目に見える形であれば、明るい未来になるかなという勝手な想像はしています。」(近藤印高知酒店 近藤喜郎代表取締役)


「まん延防止」解除 バー 休業を継続

高知市追手筋のこちらのバーでは今月26日まで休業を続けます。店は先月21日から休業していて、1か月以上店を開けられない状態が続いています。

「仕事はしたいけど県の要請を無視してまではできないので、早くコロナが収束して通常通りに、マスクのけてみんなで飲める日を待っている」(Bar Sorga 山崎元啓オーナー)

重点措置は解除になったとはいえ、県の対応ステージ「非常事態」に伴う午後8時までの営業時短要請は、高知市では今月26日まで継続されます。こちらのバーは従業員がいないため、店を開けるより協力金をもらった方がいいと休業していますが、1日あたり2万5000円の協力金では店舗を維持するのが精一杯だといいます。また、休業期間が明けても遠のいた客足が戻るには時間がかかると感じています。

「(休業が明けても)しばらくはこない。今までの傾向を見ると開けたとてすぐ(お客さんが)帰ってくることもないので、徐々に帰ってきてくれたら正直見通しは立っていない。1日1日必死なのでしばらくはこんな感じが続くのかなと。徐々に回復していったらいいのかなとしか言えない。見通しは今は正直なんとも言えない。頑張るしかない、やるしかない。」(Bar Sorga 山崎元啓オーナー)


「まん延防止」解除 居酒屋18日ぶりの営業再開

「重点措置」解除に伴い営業を再開した居酒屋も・・・

「いらっしゃいませ」

高知市の居酒屋「鳥ボーン」です。先月17日にオープンしたばかりですが、オープン直後に「重点措置」が適用され、きのうまで休業。きょうから営業再開です。

「時短は続いてますが、やっと戦える状況になったのかなと感染予防はやっていきますし、無理して客を入れずに6割くらいの客で良いのかなと思っている」(鳥ボーン 岩崎太郎代表取締役)

18日ぶりの営業となったきょうは、開店直後から客が訪れ、次々と酒を注文していました。店は今週でオープンから1か月。この間、午後11時までの通常営業ができたのは4日間のみでした。きょう以降も時短営業が続きますが、店は「制限される中でも居酒屋の役割を果たしたい」としています。

「悪い方に考えてもしょうがない。そろそろワクチンの効果も出てやっと光が見えてきた感じがする。みんなにおいしいもの食べてもらって、ほど良く酔ってもらって、笑顔になって楽しんでもらえる、そういう場の提供ができれば」(鳥ボーン 岩崎太郎代表取締役)


「まん延防止」解除 ひろめ市場営業再開

高知に適用されていた「まん延防止等重点措置」の期間がきのうで解除となりました。対象エリアとなっていた高知市では飲食店などへの営業時間短縮要請は継続されますが、きょうから午後7時までの酒類の提供が可能となります。街では賑わいを取り戻しつつある飲食施設がある一方、休業を続ける店もあり、重点措置解除後の対応は分かれています。

午前10時、高知市の観光名所=ひろめ市場正面のシャッターが、およそ2週間ぶりに開きました。ひろめ市場では高知市に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受けて、先月30日(月)からきのうまで臨時休館していました。その後、重点措置がきのうで解除されたことから、ひろめ市場はきょうから営業時間を短縮して開館しています。

「きょうから営業が再開された高知市のひろめ市場、平日の午前中ですが、すでにお酒を楽しんでいる人の姿が見られます」

重点措置を受けて市場内で提供できなくなっていた酒類も、きょうからは午後7時まで提供されます。きょうは午前10時の開館から観光客や常連客が訪れ、市場は少しずつ活気を取り戻していました。

「もともときのう来ようとしていた。きょう帰る日なので、帰る日に来られてよかった」(訪れた人)

「本当にタイミングが良かった。コロナもちょうど落ち着いてきた頃なので来られてよかった」(訪れた人)

「カツオのタタキを食べたいと思っていたのでこのひろめ市場で食べられて嬉しい」(訪れた人)

一方で、一部の店舗ではしばらく休業する店もあり、営業再開後の対応は各店舗によって分かれています。

「高知市のコロナ感染者もまだ高止まりでなかなか減らない状況なので、店舗の方も不安の中営業再開ということになっているが、これがだいぶ(感染者数が)減少して不安なく営業したいという気持ちではいる」(ひろめカンパニー 浜田泰伸 企画営業部長)

ひろめ市場では県の要請に従い今月26日(日)まで、午後8時までの営業となっています。