KUTVニュース

高校生が高知の食をPR 「絶品うまいもん甲子園」

高校生たちが「食」の日本一を目指す「ご当地!絶品うまいもん甲子園」の中国四国選抜大会がリモート形式で開かれました。高知のチームは惜しくも決勝に駒を進めることはできませんでしたが、生徒たちは高知が誇る「食」の魅力をアピールしていました。

「ご当地!絶品うまいもん甲子園」は全国の高校生がご当地の食材を使った斬新なレシピや熱いプレゼンテーションで「食」の日本一を目指します。例年なら会場で高校生が直接、腕を振るいますが、10回目の開催となる今年は去年に引き続き東京会場の審査員とリモートでつなぎ、オンライン開催に。事前に送ったレシピをもとにプロの料理人が味を再現します。

きょうは中国四国の選抜大会が行われ、46チームの中から書類選考を勝ち抜いた県立山田高校を含む6チームが、決勝進出の2枠を競いました。

今年のテーマは「ご当地の食材を活かした、SDGs×地元の看板メニュー開発」!山田高校の生徒が考えたのは、高知のナスやしょうが、カツオなどをふんだんに使った「土佐スパイスカレー」です!一番苦労したスパイスの配分は50回以上、試行錯誤を繰り返したといいます。

「(Q.苦労したポイントは?)けっこういい感じに仕上がったんじゃないか。何回も繰り返しやったんですが スパイスがなかなか混ざり合わんき。(Q.土佐スパイスカレーのPRポイントは?)やっぱり『酒盗』ですかね。カツオの内臓だったかな。仕上げに入れてます。隠し味でね。いれるとコクがでるんですよ」

審査の結果、惜しくも決勝に駒を進めることはできませんでしたが、高校生たちは完成したカレーで高知の「食」の魅力を広めていきたいと話します。

「ご当地!絶品うまいもん甲子園」は敗者復活戦として今月22日から一般のWeb投票を行い、上位1チームが、11月27日の決勝戦に出場できます。「土佐スパイスカレー」は、来月以降、龍河洞の商店街にある店で販売する予定だということです。

「山高の土佐スパイスカレーぜひ機会があったら食べに来てください!美味しいよ~!」


高知県香南市議会 香南市長が職員逮捕を陳謝

高知県香南市の公共工事をめぐる官製談合と入札妨害事件について、清藤真司市長はきょう開会した9月議会で陳謝しました。

香南市では去年12月に行われた公共工事をめぐり、入札に関する情報をもらした疑いで、市の住宅管財課長が。その情報を元に不正に工事を落札した疑いで当時市議会議員だった志磨村公夫容疑者(61)と香南建設の元社長、北代達也容疑者(53)が逮捕、送検されています。

清藤真司市長はきょう開会した9月議会で改めて陳謝しました。

「市民の模範となるべき立場にあり、管理職として職員を指導する立場にありながら逮捕されたということに、愕然とするとともに誠に遺憾。市民、関係各位にご迷惑とご心配をかけていることに心よりお詫び申し上げる」(清藤真司市長)

また、入札情報を教えるよう持ちかけたとみられる志磨村容疑者は、逮捕の翌日、「一身上の都合」として辞職しました。香南市議会の議長は。

「大変勉強熱心で、発言力もある方。有能な議員だったと思うので、今回、こういうことになって残念としか言いようがない。絶対、あってはならないこと。捜査の結果を受けて、香南市議会として、市民の信頼回復に向けてどのようなことをするべきか、議員と話し合いながら決めていきたい。議長として、やるべきことはきちっとやりたい」(斉藤朋子議長)


新型コロナ 高知県内で37人感染確認

高知県内で新たに37人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から80代までの男女37人で、80代の患者ひとりが中等症、ほか36人が軽症となっています。感染経路が分かっていないのは、13人です。市町村別では、高知市が最も多く29人、次いで南国市、香南市、土佐市が2人などとなっています。年齢別では10歳未満が7人、10代が3人、20代が4人、30代と40代が7人ずつとなっています。きのう、園児2人の感染確認が発表された高知市の保育園では、新たに園児2人の感染が確認されました。このため、園児と担当職員あわせて24人を追加で検査することにしています。また、これとは別の高知市の幼稚園で、園児2人の感染が確認され、園児と職員あわせて37人を検査するということです。このほかクラスターが発生した高知市の食品加工工場ではさらに1人の感染が確認され、あわせて6人が陽性となっています。

「連日10~20人の感染経路不明の患者が出ている。まだまだ市中感染が収まっているという状況ではない」(県健康政策部 川内敦文医監)

ところで県は、きょうから新たに民間のホテル1か所を宿泊療養施設として稼働させたことを明らかにしました。これにより、40室を追加で確保できるということです。

県内での感染確認は3859人となりました。85人が医療機関に入院していて、重症が11人、10人が中等症です。病床の占有率は36.3%です。宿泊療養施設には104人が入っていて、261人が自宅待機・自宅療養となっています。


【訂正】【速報】新型コロナ 高知県内で新たに37人感染確認

新型コロナウイルスについて高知県はきょう新たに37人の感染が確認されたと発表しました。高知県内での感染確認はこれで3859人となりました。

※本日発表の感染者数及び累計人数の訂正がありました。
感染者数38人(誤)→37人(正)、累計人数3860人(誤)→3859人(正)


高知県東部で猛烈な雨 東洋町全域に避難指示・土砂災害に厳重警戒

高知県内では大気の状態が非常に不安定となっていて、東洋町では午前10時前までの1時間に120ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。

県東部では予想を上回る大雨となっていて、東洋町ではレーダによる解析で、午前9時50分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、記録的短時間大雨情報が発表されました。降り続く大雨のため、東洋町では土砂災害の危険度が高まっているとして土砂災害警戒情報が発表され、町内全域の1390世帯2271人に避難指示が出されています。現在、東洋町に大雨・洪水警報が、室戸市に大雨警報が発表されています。県東部では局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、気象台は土砂災害に厳重に警戒すると共に、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

運転を見合わせていた土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安芸ー奈半利間は午前11時半に運転を再開しました。