KUTVニュース

県体全競技が終了「成長できた」という声も

新型コロナの影響で延期となっていた県体=高知県高校体育大会、男子ソフトボールの決勝戦が行われ、インターハイにかける選手たちの熱い思いがぶつかりました。これで、県体は全ての競技が終了。さまざまな制限がある中での開催となりましたが、選手からは大会を通して成長できたという声も聞かれました。

岡豊と高知工業による県体男子ソフトボールの決勝戦。新型コロナの対応ステージが特別警戒に引き上げられたことを受け、延期となっていました。会場は無観客となりましたが、選手たちは気迫あふれるプレーを見せ、大きな掛け声が響き渡ります。

3回の表、岡豊のバッターは小野。3ベースヒットを放つと。

続く、9番八木。1点を先制します。

さらに5回。ランナー2塁、3塁で、バッター原。3ランホームランで突き放します。

一方高知工業もその裏、西森の打席でした。ランニングホームランで1点を返します。

3年生にとっては、全国の切符をかけた最後の大会です。コロナ禍で練習時間が短くなったり、試合の日程がずれたりするなど、様々な影響を受けてきた選手たち。最後まで絶対にあきらめないという思いがプレーにもあらわれていました。

試合後、選手たちからは「成長できた」という声がきかれました。

「いろいろな不安がある中でやって、負けて悔しいですがみんな頑張った。応援がない分、自分たちでしっかり盛り上げられてよかった。この悔しさをバネに後輩に頑張ってもらって、3年生はこの経験を進路、就職に生かしたい。」(高知工業高校 氏原知海主将)

「新しい運営の仕方を試行錯誤してやってきた。無事に日程を終えられて代表チームが決まってうれしい。選手が全国大会に向けてモチベーションを保ちながらやってきたことは、3年生が人として成長できたと思う。」(高知県高体連 ソフトボール専門部 田村実敏専門委員長)

どの競技も無観客ということで、家族やクラスメイトの応援がなく、会場はとても静かでした。ただ、今年は去年と違ってインターハイが予定されています。仲間と全てを出し切りたいという選手たちの思いは、ひしひしと伝わってきましたし私自身も元気をもらいました。たくさんの応援を受けながら、選手たちが輝ける日が早く来て欲しいと思います。選手のみなさん本当にお疲れさまでした。


「コロナ禍でも笑顔を」 “鬼滅”名シーンを再現 高知・南国市

全集中の呼吸で一刀両断!あの人気アニメの名シーンを再現した写真スポットが高知県南国市に誕生しました。

南国市の石材店にあらわれた、大きな石。映画やアニメなどで日本中にブームを巻き起こした「鬼滅の刃」の名シーンを再現しています。三代目竹内石材が「コロナ禍で我慢が続く中、笑顔を届けたい」と制作したもので、きょうは、園児たちを招いて撮影会が行われました。大好きな「鬼滅キャラ」になりきり、大はしゃぎの子どもたち。一人ひとりポーズをとり、笑顔で写真をとっていました。

「楽しかった。切ったところ。ドキドキした。」(写真を撮った園児)

「(人々に)笑顔をお届けできたらなというとこがきっかけです。やってよかったなと思いました。子どもたちのパワーには本当に僕たちも力もらいますし、笑顔、大きな声、本当に良かったなと思います。」(三代目竹内石材 竹内盛起 代表取締役)

今後、この一刀石は一般公開され、誰でも気軽に写真を撮ることができるということです。


小学生が地元のナス学ぶ 高知・安芸市

高知県内最大のナスの生産地、安芸市で、子どもたちが地元のナスについて学びました。実際に調理も行い、ナスが苦手な子どもたちも大喜びでほおばっていました。

「高知ナス」について学んだのは、安芸市の井ノ口小学校の児童たちです。子どもたちに地元の農作物について知ってもらおうという取り組みで、3年生12人が参加しました。子どもたちはまず、ナスが栽培されているハウスで、ナスがどのように作られているのか、どのように収穫されるのかなどを学びました。この日を心待ちにしていた子どもたち。実際に、袋いっぱいにナスを収穫していました。

「(Q.何個取った?)12個!13個!」

「こちらでは初めての調理実習が行われています!地元のナスをふんだんに使った、新しい料理を学んでいます。これはピザかな?おいしそう~!」(三上萌々アナウンサー)

調理の先生は動画投稿サイトYouTubeなどでナスの魅力を発信している「なすマダム」です!子どもたちは「ナスのピザ」や「ナスのたたき」などナスの美味しい
調理の仕方を学びました。

「ありがとういただきます!」

そしていよいよ、試食の時間。ナスが苦手というこちらの男の子。みんなで協力して完成した料理をおそるおそる食べてみると・・・

「おいしい!嫌いやけど、みんなで作ったなすがおいしい!」
「楽しかった!焼くところ。」
「ナスのピザがおいしかった!」

「将来希望があればハウスもしていただきたいですけど、未来ある子どもたちですので大きく成長してもらって、ナスや野菜もいっぱいたべてもらいたい。」(ナス農家 川竹芳美さん)

安芸市では今後他の小学校でも収穫体験と出前授業が行われることになっています。


64歳以下へ新型コロナワクチン接種開始 高知・三原村

新型コロナワクチンの高齢者への接種が、ほぼ終わった高知県三原村は、きょうから64歳以下の住民へのワクチン接種を始めました。

三原村は村内の65歳以上の高齢者680人にワクチン接種の意向を調査。先月6日から村が日時を指定して個別の接種を行い、きのうまでに、希望者した591人のうち566人が2回の接種を終えました。残る25人についても村は、引き続き接種日を調整して対応します。このため村は、きょうから、64歳以下の住民への接種を始めました。16歳から64歳の住民は668人で、事前の調査で把握している基礎疾患のある年長者から順にワクチンの接種を行います。接種会場となっている診療所では、医師が服用している薬やアレルギーの有無などを確認した後接種をしていきました。

「打ったほうが良いので積極的に来ましたけど、早く2回目を済ませたいと思います。」(接種を受けた人)

「1回目なのでどうか分かりませんが、2回目を受けて効果がどうあるのか期待したいと思います。」(接種を受けた人)

きょうは予定されていた54人が接種を受けました。村では、出来るだけ早く希望する住民の2回の接種を終えたい考えです。


新型コロナ 高知県内で1人死亡16人感染確認

高知県内で新たに16人の感染が確認されました。2桁の感染確認は今月10日以来、5日ぶりです。治療をしていた80代の男性1人が死亡し、県内での死者は23人となりました。

新たに感染が確認されたのは10代から90代までの男女16人です。感染経路がわかっていないのは2人で、90代の女性1人が中等症、15人は軽症です。また、先月下旬に感染が確認され治療を受けていた、高知市の80代の男性がきょう午前、死亡したということです。死因は新型コロナによる急性呼吸窮迫症候群でした。感染が確認された16人のうち90代の女性は、高齢者施設の入所者です。他の入所者と職員、合わせて40人が検査を受けることになっています。また、大学生5人の感染も確認されました。このうち3人は同じ大学で、今月上旬、食事やカラオケをしていたということです。県は対応の目安について特別警戒を維持しています。

県内での感染確認は1683人となり、死者は1人増えて23人となりました。62人が入院中で、重症の患者が7人、中等症の患者が16人となっています。宿泊療養施設には31人が入っていて、入院調整中は9人となっています。