KUTVニュース

高知市出身の女性 高知県産木材の魅力をアートで表現

こちら、キレイな花なんですが・・・何でできているか分かりますか?

木目が見えていますね?高知の木から出来ている作品です。作ったのは、東京で暮らす、高知市出身の女性。故郷への思いを取材しました。

東京都が全国各地の木をアピールするために新宿に設けているスペース。こちらで今開かれているのが高知県産材をテーマにした展示会です。

その中の一つ・・・

繊細で美しい花々。木をけずった「カンナ屑」で作られているんです。この作品を作っているのは高知市出身で東京在住の辻ゆかさん。木をうすく削ったものを高知で「かなば」と呼ぶことからこの作品を「かなばフラワー」と名付け、友人と二人でひとつひとつ手作りしています。高知の工務店などから「かなば」を入手。それを伸ばして、花びらの形にカットして組み立てていきます。

「しなやかでやわらかな感じと木目の美しさですね。そして一つとして同じものがないところが魅力だと思っています。同じヒノキであってもそのヒノキの産地、場所によって色味が、ピンクがかっていたりとか白っぽかったりとか。木目の幅とか大きさとか。全て違っているので個性があって面白いです」(辻ゆかさん)

花々に色をつけるために使っているのは染料ではありません。薄い土佐和紙をはることで木目をいかしつつ色味を出しているんです。

「使っているのは土佐和紙なんですが、色と柄の美しさが魅力だと思っています。土佐和紙の美しさと木目を合わせたことで、また違った感じでカラフルな作品ができるのかなとおもって、使っています」(辻ゆかさん)

辻さんは2016年から、本山町に住む女性グループに近くの山や庭で採った花木を送ってもらい、東京都内の料理店にいける取り組みをしていました。女性グループの収入につなげるとともに高知の自然をアピールすることが目的でした。

「高知にいる時は当たりまえの環境だったので気が付かなかったんですが、東京で生活するようになってだんだん、木の魅力、自然の豊かさに気づいて」(辻ゆかさん)

高齢化などでこの取り組みが難しくなってきた中出合ったのがカンナ屑でした。

「木の香りと手触りに、ああなんて素敵なんだろうと思って自分たちの身近なものに取り入れられないかなと思いました」(辻ゆかさん)

もともと布や和紙を使ってコサージュ作りをしていた辻さん。カンナ屑でまず作ったのもコサージュで、その作品は県立林業大学校の卒業式で来賓の胸を飾りました。

「生徒さんたちに身近なものを感じてもらいたいのと、人工のものではない素材をつかったものをつけていただきたいなという思いで作りました」(辻ゆかさん)

その後も、土佐和紙で色味を出すなど試行錯誤を重ねてきました。これからは、パーツを組み立てると花ができるキットを開発する予定です。例えば卒業式などで、子どもたちに、自分が作った自分だけの花を胸に飾ってもらいたいと話していました。

「いま東京ではオフィスの木質化や学校の木質化が進められている流れなので、そういう場所にあうような作品作りをしていきたいのと、木や和紙だけでなくて、今回も装飾品も高知のものを使わせていただいているのでいろんな高知県のものを組み合わせた作品をつくっていきたいと思っています」(辻ゆかさん)

高知にあるまだまだ知られていないいいものをたくさん紹介していきたい。辻さんの取り組みには、遠く離れた東京で暮らすからこその故郷への思いが込められていました。


水害救助に機動力 特殊救助艇の普及に向けて

津波や河川の氾らんによる浸水時の、迅速な救助活動につなげようと、エアボートという救助艇の普及を目指す男性が高知市で試乗会を開きました。

大きな音を立てながら進んでいるのは、エアボートと呼ばれる船。災害救助用で、座席の後ろにあるプロペラの風力で進みます。水中に動力がないため、がれきなどがあっても進むことができます。

「水没した町のなかコンビニ袋が流れてきたり、がれきがながれてきたり、あるいは濁った水の中にガードレールが埋もれていたり、全く関係なく走れる」(佐々木甲さん)

こう話すのは、ボートを製造・販売している佐々木甲さん。宮城県仙台市の出身で、10年前の大震災をきっかけに救助用のボートをつくりはじめました。

「テレビで見た映像が気仙沼湾でがれきに挟まれた男性が助けてと言うのをスクリューの船だと助けに行けなかったという現実を見て(作り出した)」(佐々木甲さん)

佐々木さんは、自らこのボートに乗り、実際に救助活動を行っています。また、行政機関への普及にも力を入れていて、2017年には県警が、全国に先駆けて導入。きょうは高知市消防局も試乗しました。

「各都道府県に1台ずつあって、どこかで水害が起きれば周りから何艇もエアボートが来る、そうすれば一瞬で活動は終わる、そういうのが今の夢です。」(佐々木甲さん)


新型コロナ 7人感染確認 22日ぶり一桁も「油断はできない」

高知県内で新たに7人の感染が確認されました。22日ぶりの一桁ですが、5人の感染経路がわかっておらず、県は「医療体制を維持するためには新規の患者数を抑えなければならず、まだ油断できる状況ではない」としています。

新たに感染が確認されたのは20代から70代までの男女7人です。全員軽症で、感染経路が分かっていないのは5人となっています。高知市の男性は福祉施設の職員で、利用者と職員合わせて38人が検査を受けています。また、県生涯学習支援センターの男性職員1人の感染も確認されました。感染経路は分かっておらず、同僚など11人が検査を受けています。センターは13日まで休館するということです。

県内の感染確認は1617人となり、現在82人が医療機関に入院しています。重症の患者は12人で、酸素投与が必要な中等症は19人です。宿泊療養施設には60人が入っていて、病床の占有率は46%となっています。

感染確認が一桁となったのは先月17日以来22日ぶりですが、県は、「重症患者は依然高止まりの状況で、医療提供体制への影響は大きいまま」だとした上で、「医療体制を維持するためには新規の患者数を抑えなければならず、まだ油断できる状況ではない」としています。


高知市の火曜市「生活支える」笑顔で開催

高知市の火曜市は感染防止対策をとりながら開催しています。けさも地元の人たちでにぎわい、笑顔あふれる光景が見られました。

高知市上町の火曜市。けさは13の店が並んでいました。出店者によりますと、今年は梅雨入りが早かった影響などで収穫が2~3週間遅れた野菜や果物が多いといいます。それでも桃やスイカ、ショウガなど旬のものがズラリと並び、買い物客を楽しませていました。

「いつも赤飯としばもちを買う。おいしいの。出店者との話がはずみます。」(買い物客)

新型コロナで客が減ることもありますが、出店者たちは店の間隔を空けて営業を続けています。みなさん、地元の人たちの生活を支えたいという思いがあるようです。

「休むとみんながどうしたの?と心配してくれる。」
(Q.そういう人たちのためにも出店する?)
「はいそうです。休まず、台風以外はずっと来る。」(出店者)

火曜市について高知市は「新型コロナの県の対応の目安が上がらない限りは開催を続けていきたい」としています。