KUTVニュース

コロナ禍のGW 観光施設利用者はおととしの43%

ゴールデンウイークを振り返ります。

「GW初日の高知龍馬空港です。ご覧のように人の姿はほとんどなくみなさんが帰省や旅行を控えていることが伺えます」(尾﨑大晟アナウンサー)

去年に続き今年もコロナ禍のゴールデンウイークに。初日の航空各社の予約率は、出発便は少ないものの到着便はおよそ9割で、初日から「高知に来る人」が多く見られました。

「法事です。今回は考えたけど一周忌だったので」(東京からの搭乗客)

今年の連休は雨の日が多く、初日から屋内の観光スポットが賑わいました。去年休館していたひろめ市場。ゴールデンウイークの営業は2年ぶりです。中には、緊急事態宣言が発表されている地域から訪れた人も…

「大阪に行くのは不安やけど、こっち(高知)に来るのは逆に…『安心』とは言わないが特に不安はなかった」(大阪からの観光客(高知出身))

観光業界にとっては「かきいれ時」。去年のゴールデンウイークは施設が休業したりイベントが中止になったりしただけに、事業者は複雑な思いを持ちながらも、観光客に期待を寄せます。

「去年GWを失った中でさらに今年のGWを失ってしまうということはとどめを刺されてしまう。ほどよく密にならない程度にお客さんが来てくれるのが一番」(むろと廃校水族館 若月元樹 館長)

2日目は天気が回復。春の花が鮮やかに映えるこの時期らしい天気となりました。ところが、その翌日。

安芸市の男性が撮影したこちらの映像。ひょうのような氷の粒が激しく屋根を叩きつけました。また、いの町の町道瓶ヶ森線=通称:UFOラインは、5月にもかかわらず雪が積もりました。全国的に低気圧や前線の影響で不安定な天気が続きました。

そんなゴールデンウイーク中盤の2日、いの町では、振り袖姿の若い女性の姿が。成人式です。新型コロナの影響で延期になっていた成人式が各地で行われ、遅ればせながら新成人たちが「晴れの日」を迎えました。

「立派な成人式を挙げてもらえて嬉しかった。」(新成人)

「将来の夢はパティシエで5月5日ごろから就職活動をする。自分の店を持ちたいので本気頑張りたい」(新成人)

さて、今年のゴールデンウイークは、密にならない屋外のレジャーを楽しむ人の姿が多く見られました。安田町のキャンプ場はゴールデンウイーク前にリニューアルオープン。県内外から予約があり、4日まで予約がほぼ埋まりました。

「区画で区切られているので周囲との接触はないかと。子どもたちも家の中にいることが多いので外で遊べていいと思う」(利用客)

津野町には新しい体験型観光施設がこの春オープン。雄大な森林を生かしたアスレチックが豊富で、ゴールデンウイーク後半は大勢の人が訪れました。

(Q.久しぶりにあそんでどう?)
「嬉しすぎてたまらなかった」(子ども)
「コロナ禍で街中には連れて行けないので森林の中なら自然に触れ合えて体も動かせていいのかなと思って選んだ」(親)

コロナに負けず復活したイベントも。黒潮町の砂浜をはだしで走る「大方シーサイドはだしマラソン全国大会」。去年は中止となりましたが、今年は参加者を県内に限定し、2年ぶりに開かれました。

入野の浜に今年は、ゴールデンウイークならではの光景が戻ってきました。

「楽しかったです」(姉妹)

最終日のきのうも雨の天気に。屋外に観光客はほとんど見当たらず、初日同様、屋内の観光スポットが賑わいました。空港には大勢の人が。出発便の予約率は航空各社6割から9割ほどとなり、帰省した人や観光に訪れた人たちが、高知を後にしていました。

「実家に子どもを連れて両親に見せに行った。」(高知に帰省した人)

「コロナに気を付けながら楽しむ、バランスを取りながらのGWでした」(観光客)

県観光コンベンション協会によりますと、主な観光施設の利用者は7日間でおよそ10万6千人で、おととしの一日平均と比べるとおよそ43%に落ち込みました。


高知県いの町と日本郵便が包括協定

地域の暮らしや経済活性化を目指して高知県いの町と日本郵便が協定を結びました。

いの町と日本郵便はこれまでも災害時の被災者支援や、道路が損壊した時などに情報を提供する協定を結んでいましたが、今回、地域経済の活性化や教育との連携といった内容も盛り込まれました。日本郵便が県内の市町村と協定を結ぶのは8件目です。今後は住民の暮らしに役立つ情報の提供や、郵便局のネットワークを使った町の情報発信に取り組みます。

「地域にずっと出ていっている(郵便局の)人たちの私たちとはまた違う視点があろうかと思うので、そういった中での連携ができるのは非常に心強い」(池田牧子 いの町長)

「いの町の特産品をPRしたり、フレーム切手などの形で、いの町のPRを応援したい」(伊野郵便局 山本浩局長)

日本郵便は今後も県内の市町村と協定を結び、地域に貢献していきたいとしています。


新型コロナ 新たに9人感染確認

新型コロナをめぐり新たに9人の感染が確認されました。クラスターが発生したバレーボール大会に出場していた複数の高校生が含まれています。

新たに感染が確認されたのは10代から80代までの男女9人です。感染経路がわかっていないのは2人で、全員、症状は軽いということです。9人のうち2人が県高校バレーボール春季大会に出場していた、高知西高校と高知高校の生徒です。このクラスターをめぐってはこれまでに教職員2人、生徒30人の感染が確認されました。また、クラスターが発生していた高知市のグループホームをめぐっては入所者である80代の女性2人の陽性が明らかになりました。このグループホームではこれまでに入所者11人、職員6人の感染が確認されました。

県内の感染確認はあわせて1106人で、現在、重症患者、酸素投与が必要な中等症の患者、いずれも4人となっています。


高知市で高齢者ワクチン接種始まる

「失礼します。しびれたりはないですか?」

新型コロナウイルスのワクチンをめぐって高知市ではきょう、全ての高齢者を対象とした接種が始まりました。高知市で行われているのはかかりつけ医など医療機関で接種を行う「個別接種」で、こちらの病院では、午後2時から4人が接種を受けました。そのうちの一人、安芸道子さんは予約の受け付けが始まった先月23日、一番に市役所の列に並びました。

(Q.きょう何時ごろ来ましたか)
「午前4時10分ごろ一日も早く打ちたかった」(安芸道子さん)

しかし、この日はシステムトラブルにより予約できない状態が続き、予約を完了できたのは受け付け開始から1時間後のことでした。

トラブルがありながらもきょう、一回目の接種を終えた安芸さんからは安堵の声が聞かれました。

「ものすごく安心しました。ホッとしました。ホテル旅館飲食に友人がいてみんな苦労しています。(接種が進んで)もとにはもどらなくても早くみんなが働けるようになればと思う」(安芸道子さん)

医師は接種対象者が増えてくる今後に向けて備えたいとしています。

「1回目と2回目の人が混ざってくるので、そういう時にスムーズに対応できるように体制を整えたい。副反応には十分に注意したい」(浜田循環器内科 濱田富雄院長)

ワクチンの接種をめぐって高知市では、すでに今月末まで予約が埋まっています。来月1日から12日までの予約についてはあす午前9時から電話とインターネットで受け付けを始める予定です。電話番号は0120-920-737です。


コロナ禍2度目のGWの過ごし方は?

コロナ禍での2度目のゴールデンウィークが明け、通勤・通学する人の姿が多く見られました。ステイホームだった人や感染防止対策をとり観光に出かけた人など連休の過ごし方は様々でした。

最大7連休となった今年のゴールデンウイーク。けさ、JR高知駅前には会社や学校へ向かう人の姿が多く見られました。コロナ禍での2度目のゴールデンウィーク。皆さんはどのように過ごしたのでしょうか?

「孫とかも来て一緒に食事する予定だったんですけど、ちょっとコロナが増えたので、家でゴロゴロすることにしました。」(家で過ごした人)

「1年くらい延期していた、友人に渡し物を渡すのと、ずっと会おうと言っていた方々とこの機に1回会って、これで『会い納め』と言いますか。」(福岡に旅行)

自宅で過ごした人や、感染防止対策を徹底した上で観光に出かけた人。過ごし方は分かれたようです。