KUTVニュース

無洗米で環境保全へ

高知の美しい川を未来へつないでいこうと、高知県内の食料品製造・販売会社が県とパートナーズ協定を結びました。環境保全の鍵は「無洗米」です。

県と清流保全パートナーズ協定を結んだのは、高知市の食料品製造・販売会社「高知食糧」です。協定の締結は今年で10年目を迎え、高知食糧は「無洗米」で高知の清流を守ろうと活動しています。米のぬかには少量のリンや窒素が含まれていて、とぎ汁は水質汚染の原因になるといわれます。高知食糧は米の表面のうまみ層は残しつつ、ぬかを取り除く製法を取り入れていて、環境に優しい無洗米を提供しています。

「米のとぎ汁を川に流さずに済むといことが今回の無洗米の商品の特徴。それが環境保全につながるという思いで商品の開発と提供をしている。少しでも地域社会環境保全につながる活動にしていきたい」(高知食糧株式会社 山﨑大輔社長)

無洗米の売り上げの一部、1キロあたり1円が清流保全を行う団体に寄付されています。これまでに1600万円以上が県内71団体の清流保全活動に役立てられているということです。


脱炭素の社会へ 県PTが発足

世界的に気候変動が問題となっている中、高知県は2050年までに二酸化炭素の排出量と森林での吸収量の差をゼロとする「カーボンニュートラル」を目指しています。これからの取り組みをどのように進めるかを検討するプロジェクトチームが県庁で発足しました。

カーボンニュートラルとは二酸化炭素の排出量と森林での吸収量の差をゼロにすることで、県は「2050年までにカーボンニュートラルを目指す」と宣言しています。きょう発足したのは、取り組みの進め方を検討するためのプロジェクトチームです。二酸化炭素削減に向けた取り組み、グリーン化関連産業の育成、SDGs=持続可能な開発目標の促進、これら3つの柱で、具体的なアクションプランを策定することになっていて、会議では方向性やスケジュールが共有されました。

県はこのプロジェクトチームに加え、県庁以外の委員で構成する外部委員会も立ち上げることにしていて、助言や提案を受けながら今年度中にプランをまとめる方針です。


390円均一雑貨店が四国初出店

高知市の大型商業施設に390円均一の雑貨店がオープンしました。四国では初めての出店になります。

高知市のイオンモール高知にきょうオープンしたのは、都市部を中心に展開する雑貨店=「サンキューマート」です。店内にはアクセサリーや衣類、ワイヤレス充電器、撮影用ライトのほか、有名なキャラクターとのコラボ商品などおよそ2万点が並んでいます。

特徴的なのは、商品の値段。すべて税抜390円です。安さと品揃えから、主に小中学生から支持されているといいます。

こちらのヘアアイロンは、発売から1週間足らずで完売した商品です。およそ20センチという持ち運びやすいサイズや、電源をつけておよそ1分で使える便利さが人気を集めています。

こうしたオリジナル商品の他にも、2つセットとなっている海外のお菓子、元値がおよそ2000円の着せ替え人形なども販売されています。

「サンキューマート」は全国でおよそ80店舗を展開していますが、四国では、今回が初めてになります。

「四国から出店を希望する声がたくさんあったので、今回縁があってイオンモールに出店した。色々なかわいい商品があるので楽しい気分で買い物してもらって、お気に入りの商品を見つけて購入してほしい」(エルソニック 西谷さつきエリアマネージャー)

商品の入荷情報などはイオンモール高知店のTwitterで配信しています。


まんが甲子園2年ぶりに開催へ

「高校ペン児」の頂点を決める真夏の祭典、「まんが甲子園」が、2年ぶりに開かれることになり、予選テーマが発表されました。

まんが文化などの発展を目的に毎年行われている「まんが甲子園」。去年は新型コロナの影響で中止となり、代わりにオンラインでイベントが開かれました。今年は2年ぶりに感染防止対策をとったうえで、8月6日から2日間、開かれることになり、きょう予選テーマが発表されました。テーマは、「リバウンド」と「在宅〇〇」このうち1つを選び、1校3人から5人のチームを組んで制作します。

予選の作品募集は6月6日(日)までで、6月18日に審査会が行われます。


高知ファイティングドッグス ホーム開幕戦中止

きょう予定されていた、高知ファイティングドッグスの地元開幕戦が急きょ中止となりました。対戦相手の愛媛マンダリンパイレーツによりますと、球団が関係している施設の1人が新型コロナの濃厚接触者とされたため安全確認を優先したということです。

チーム内ではこれまでに濃厚接触者と判定された人はいません。

なお四国アイランドリーグplusでは、濃厚接触者のPCR検査の結果を待ってあす以降の試合について開催するかどうかを判断することにしています。