KUTVニュース

障がい者の就労支援へ事業所開設

障がいがある人たちの就労を支援する事業所が高知市にオープンしました。障がいがある子どもたちの「働く」未来も見据えた取り組みです。

高知市大津にオープンしたのは『シーグラスこうち』です。シーグラスこうちは、企業などへの就職が困難な人に対し働く場を提供する「就労継続支援A型事業所」で、障がいがある人たちとフルタイムで雇用契約を結んでいます。10人が利用し、サニーマートやJA、南国市の農園などで来週の月曜日=5日から本格的に働くことになっています。

「いろいろな作業を丁寧に最後まで頑張ります」
「シーグラスこうちで農作業を頑張って、働いていきます」

また、事業所には放課後などのデイサービスアフタースクール=「シーグラス高知教室」が併設され、小学生から高校生までの障がいがある子どもたちが利用します。清掃体験や自社農場を手伝うなど仕事を体験することで、将来、働くことへの興味やイメージを持ってもらいたいと開設されました。利用者を受け入れている=南国市・そら農園の尾﨑麻美さんです。オクラやキュウリ、ネギなどを栽培していて、利用者は収穫や草引き、出荷の準備などに携わります。

「頑張って毎日プライドを持って、自信を持ってやってくれているので、会社の雰囲気もあの子たちが来て明るくなったというのもあって。(利用者の)親たちも自分が亡くなった後、子どもたちが心配という声を聴いて、少しでもお手伝いが出来たらと思って。」(そら農園 尾﨑麻美さん)

「シーグラス」とは漂流し浜辺に流れ着いた小さなガラスのかけらのことを意味します。

「ガラスの破片だったものが波に洗われて角が丸くなって宝石みたいな形で皆さんに愛されるようになる。これは障がい者だけでなく、健常者も育っていくという願いを込めている。今日がゴールではなくてスタート、スタート地点についたばかりなので、障がいのある人が生涯にわたって働いて生きていくということを、放課後デイは意識づけの場に、A型はここからステップする場にしたい」(ライフパス 米山真和社長)

シーグラスこうちは、障がいがある人たちの働く機会と、安心して働ける場の確保に繋げていきたいとしています。


社会奉仕団体が地元の小学生とともにモミジ植樹

高知市の社会奉仕団体が竹林寺の境内で地元の小学生とともにモミジを植樹しました。

植樹は高知南ロータリークラブが、社会奉仕活動の一環で、創立当初から行っています。環境保全につながる植樹について、子どもたちにも学んでもらおうと地域の学校を招待していて、今回は、五台山小学校の新6年生と卒業生あわせて11人が参加。ロータリークラブのメンバーとともにモミジを植えました。

「初めてで緊張したけどとても楽しかった」
「木が将来どうなっていくか楽しみ」
「すくすく育って、また大きくなって見たいなと」(子どもたち)

「コロナ禍でマスク等、制約はあるが元気いっぱい植樹してくれた姿に感動。将来この場所を訪れた時に自分たちの植えた木がどのように成長しているか楽しみにしてほしい」(高知南ロータリークラブ 上原昭彦会長)

高知南ロータリークラブは今後も植樹を通じて地域との絆を深めていきたいとしています。


高知で6年ぶり ラグビートップリーグ選手高知入り

ラグビーの国内最高峰、「トップリーグ」の公式戦が、あす、高知で6年ぶりに開かれます。試合を前に、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの選手たちが高知入りし、軽い調整を行いました。

ラグビートップリーグは国内最高峰のリーグで、高知では去年、公式戦が予定されていましたが、新型コロナの影響で中止に。6年ぶりにあす公式戦が開かれます。

これを前に、「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」の選手27人が試合会場の春野陸上競技場に到着。軽く体を動かし、グラウンドの感触を確かめました。

チームは元日本代表の金正奎選手がキャプテンを務め、オーストラリア、スコットランドの代表選手も所属する豪華なメンバーです。ラグビートップリーグは、来年、新たなリーグが創設されることに伴い廃止されるため、今年で最後です。チームはこれまで経験していないトップリーグの優勝を目指し、気合十分です。

「高知県の皆さんに僕たちシャイニングアークスのラグビーを見せられることにワクワクしています。一戦一戦大切なので勝ち切れるように、シャイニングアークスらしいラグビーをしっかりやっていきたい。」(NTTコム 金正奎キャプテン)

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、あす正午、春野陸上競技場で「宗像サニックスブルース」との試合に臨みます。


高知大学で分散型入学式

高知大学では感染防止対策として、きょうから1週間、学部や専攻ごとに入学式を行っています。きょうは3つの学部と、大学院の2つの課程の新入生が式に臨みました。

この春、高知大学に入学するのは学部生1138人、大学院生185人です。入学式は新型コロナの感染防止対策として、学部や専攻ごとに各教室で動画を見るというオンライン参加型で行われます。きょうは、地域協働学部や修士課程の教育学専攻など、5つの学部や専攻の新入生が式に臨みました。式では櫻井克年学長が動画で歓迎の言葉を贈りました。

「みなさんはきょうから『チーム高知大学』。みんなが互いに励まし合い、切磋琢磨する友人であり、家族だと思ってください」(高知大学櫻井克年学長)

この後、音楽が趣味だという櫻井学長が自らピアノを弾き、学歌を披露しました

「♪高知大学栄えあれ~♪高知大学栄えあれ」(高知大学櫻井克年学長)

コロナ禍で迎える大学生活ですが、学生たちは期待に胸を膨らませています。

「少し違う入学式ですがわくわくしています。緊張もあるがみんなと仲良くして新しいことを学ぶ準備をしていきたい」
「地域協働学部で、地域の魅力を発信して問題を協働して解決したい」
「教育学部でいろいろなことを学んで子どもたちに教えたい」(新入生)

高知大学の入学式は今月9日まで行われます。


新型コロナ 高知大生2人感染確認

高知大学は学生2人の新型コロナ感染が確認されたと発表しました。ただ、学内で感染が拡大する可能性は低く、キャンパスへの立ち入りは制限しないとしています。

高知大学はホームページできのう、朝倉キャンパスに所属する学生2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。大学が学生の行動歴などを確認したところ、学内で感染が拡大する可能性が低いと考えられるため、キャンパス内への立ち入りを制限するなどの措置はとらないとしています。