KUTVニュース

コロナ禍 高知県の補助金で事業者が連携

コロナ禍で経済的に厳しい中、ウィズコロナで業績回復を図ろうとあの手この手で取り組みを進める県内事業者も少なくありません。高知県佐川町の乳製品販売会社が、県の補助金を活用したキャンペーンを始めました。キャンペーンは、売り上げの向上だけでなく、知名度アップによる効果も期待されます。

県は、新型コロナの影響で厳しい経営が続く県内事業者を支援するため、「高知家応援プロジェクト」と題し、地産地消を進める取り組みを去年6月から進めています。プロジェクトは当初きょうで終わる予定でしたが、コロナの影響が長引いていることから、5月9日まで延長されることになっています。

このほど、佐川町などで乳製品を製造・販売する「吉本乳業」が、プロジェクトの補助金を活用した新たなキャンペーンを始めました。配達サービスの利用者の中から、「吉本乳業」の牛乳を使った加工品を抽選でプレゼントし、売り上げの向上などを目指す取り組みです。吉本乳業もこれまで新型コロナの影響を受けています。

「学校が一斉に休校になって給食の供給が2か月近く止まる状態が続きました。」(吉本乳業 吉本剛社長)

キャンペーンを展開することで、吉本乳業は売り上げ回復のほか、知名度の向上にも期待を寄せます。

「高知県は年々牛乳の消費量が少なくなっている。こういう事業をやることで少しでも多くの人に牛乳を飲んでもらえたら。」(吉本乳業 吉本剛社長)

またこのキャンペーンでは、吉本乳業が商品を買い上げてプレゼントするため、他の事業者の売り上げにもつながります。商品を提供する事業者も、県の補助金を使った
キャンペーンに期待しています。

「大変な時期なので(選ばれて)ありがたく思う。プレゼントをもらった人が、リピーターとして商品を求めてもらうということがあれば幸い。」(横畠冷菓 横畠和夫代表)

売り上げの回復だけでなく、知名度アップでアフターコロナへの期待感を生み出すこのキャンペーン。県によりますと、高知家応援プロジェクトではきょう現在、66件の補助金交付が決まっているといい、「県民に引き続き地産地消を進める事業者を応援してほしい」としています。


元Jリーガーが高知市で小学生にサッカー指導

サッカーJ1で活躍した元Jリーガーが、日頃サッカーに励む小学生たちを指導しました。元アスリートの巧みなテクニックに、子どもたちは目を輝かせていました。

サッカー教室は子どもたちが夢や目標を持ち、普段の練習の刺激になってほしいと開かれました。講師となったのは、サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌で活躍した元Jリーガーの曽田雄志さん、石川直樹さん、早坂良太さんです。

参加したのはFC高知横内の小学1年生~6年生までのおよそ50人。元Jリーガーに直接指導してもらえる貴重な機会を心待ちにしていました。

最初は鬼ごっこで楽しみながら体を動かした子どもたち。リフティングやパスなどの実践になると、表情は真剣そのものです。サッカーをする上で、大切な心構えも教わりました。

「他人と比べず、自分の頭の中のイメージを大切にする」

元Jリーガーの巧みなテクニックに、子どもたちは目を輝かせていました。

(きょうの教室で学んだことは何ですか?)
「協力とチャレンジすること。」(4年生キャプテン 濵田悠士さん)

「やはりプロなので教え方やテクニックがすごく上手だった。ネイマールのようなテクニックやパスが上手い選手になりたい。」(6年生キャプテン 山中輝彦さん)

「昨日よりも何が出来るようになったか、一か月前よりも何が出来るようになったかを考えると、着実に成長できると思う。自分で考えて、自分で行動する。不安もあるかもしれないが、勇気を出してチャレンジし続けていれば夢であるサッカー選手に近づくと思う。辛いけどやっていってもらえたら僕たちも応援していける。」(曽田雄志さん)

失敗を恐れずチャレンジし続けること。他人と比べず、自分の成長に目を向けること。プロで活躍した選手から学んだことを胸に、未来のJリーガーたちには、夢に向かって羽ばたいていってほしいですね。


ボクシング全日本新人王 福永宇宙選手情熱語る

ボクシングスーパーバンタム級の全日本新人王に輝いた福永宇宙選手。11月に予定されている県内での試合に向け、闘志を燃やしています。

高知県四万十町出身のプロボクサー・福永宇宙選手。

先月21日、国内ボクシングの聖地といわれる東京・後楽園ホールでの全日本新人王決定戦スーパーバンタム級で判定の末、四国初の新人王に輝きました。

デビューから9戦全勝。うち4戦がKO勝ちと勢いに乗る福永選手。

きょうは恩師である黒潮ボクシングジムの小川竜司会長も訪れ、新人王になったことを報告するとももに、ボクシングにかける情熱やこだわりを語りました。

「強い相手にやられてもいいのでテーマを決めて、できないことを克服する練習をしている。練習でういまくいかなくても気にしないタイプです。」(福永選手)

11月には県内で試合が予定されていて、福永選手は闘志を燃やしています。

「地元の人たちに生で試合を見てもらって、ほかの試合と一味違うところを見せられるように、もっとスキルを磨いていい試合を見せたい。(Q.福永選手にとってボクシングとは)何よりも優先すべき一番大事なもの。」(福永宇宙選手)


春のうまいもの大会スタート 高知市のデパート

北は北海道から南は鹿児島まで、全国のおいしいものが高知市のデパートに大集合です!

きょうから高知大丸で始まった「春のうまいもの大会」。北海道の海の幸をこれでもか!と盛り付けた弁当や、粒あんと上品な甘さのクリームをたっぷり挟んだクリームサンドなど、全国各地の人気店27店舗が集結しています。香川から出店している人気店=一鶴では骨付きのもも肉が販売され、大勢の人が買い求めていました。

北海道から初出店のこちらの店では、北海道産の食材と本場イタリア産のトマトなどを使った本格的な手作りピザを販売しています。

「甘エビ、キノコ、アスパラガスなど北海道産の季節の食材を使ってますので、ぜひ高知の方に食べてもらいたいです」

「どれもこれも買いたい、お金が足りないかな。ここに来たら色んな県のものが買えるから、楽しんで、食べて、行った気分になって」(訪れた人)

新型コロナの影響で2年ぶりの開催となった「春のうまいもの大会」。今年は出店数を例年より10店舗ほど減らし、間隔を開けて店を配置するなど感染防止対策が取られています。

「春のうまいもの大会は行楽シーズンでもあるので、米飯と惣菜を中心にて、今ですと家の中で家族で楽しめる、少しでしたら外でも楽しめるお弁当から惣菜、スイーツまで揃えてますので、家族みんなで仲間で十分楽しめる食べ物が沢山そろっているので、みんなで来てもらいたい」(高知大丸 営業推進部 釣井寿仁スタッフ)

春のうまいもの大会は高知大丸本館5階で来月6日(火)まで開かれています。


新型コロナ 新たに1人感染確認

新型コロナをめぐって高知県内では新たに1人の感染が確認されました。おととい感染が確認された20代男子大学生の濃厚接触者で症状は軽いということです。

新たに感染が確認されたのは高知市の20代女子大学生です。女子大学生はおととい感染が確認された20代男子大学生の濃厚接触者で今月28日にのどの痛みや発熱、せきなどの症状があり、おとといPCR検査を行った結果、きのう陽性が確認されました。女子大学生は1人暮らしで、1か月以上大学には通っておらず、感染が確認された20代男子大学生以外に濃厚接触者はいないということです。

県内で入院治療を受けている患者は10人、2人が重症で、1人が酸素投与が必要な中等症です。県は対応の目安を「注意」としていて、引き続き感染防止対策を取るよう呼びかけています。

ところでおととい変異ウイルスの陽性確認が発表された1人について、国立感染症研究所で解析を行った結果、イギリス型と分かりました。県内での変異ウイルス陽性確認は3人で、全てイギリス型となっています。