KUTVニュース

10年描き続ける“よさこい”

去年、史上初めて中止となったよさこい祭り。よさこい祭りの礎を築いたチームを長年率いた男性が、踊り子たちを描いた絵の展覧会を開いています。作品に込めた思いを聞きました。

「こんにちは。ようこそ、よろしく」

高知市高須にアトリエを構える池上志朗さん(77)。先月(12月)から、踊り子たちを描いた作品を、自身のアトリエで展示しています。

「(去年は)よさこいがなかった。少しでも元気になってほしいと思って開いた」(池上志朗さん)

池上さんは30年ほど前から、よさこいチーム「セントラルグループ」でチームを盛り上げるかけ声を担当。チームの曲や衣装、振り付けなど総合演出を手がけるプロデューサーも務めてきました。

池上さんは毎日、デッサンの練習を欠かさず行っていて、10年ほど前からは、絵を描くパソコンのソフトを使いよさこいにかける思いを表現しています。

踊り子の写真をもとに絵を描いていて、これまでに制作した作品は400点以上。

描く上で特にこだわっているのは、踊り子たちの目です。生き生きとした表情を表現するため、まつげの1本1本まで丁寧に描きます。池上さんが絵を描き続ける原動力とは。

「よさこいの練習中に踊り子の姿をさりげなく写真にとっておいて、プレゼントしてあげると、喜んでくれる。それが楽しい」(池上さん)

今回の展覧会ではこれまでに描いたおよそ30点の作品を展示。よさこいならではの躍動感が伝わってきます。

「私はよさこい命。できたら(今年は)よさこいを やりたい。今世の中が色々と大変だが展覧会を見て少しでも 気持ちが明るくなったらと思うので、見に来てほしい」(池上さん)

池上さんの展覧会は3月末まで高知市高須のアトリエで開かれていて、作品は動画配信サイト ユーチューブでも見ることができます。


観光農園でイチゴ狩り 高知・南国市

高知県南国市の観光農園西島園芸団地では、今年もイチゴ狩りの季節がやってきました。新型コロナの影響を受ける中、例年以上に甘いイチゴに仕上がっています。

南国市の観光農園西島園芸団地。およそ10ヘクタールの農業用ハウスでは、さちの香、よつぼし、紅ほっぺの3種類のイチゴが栽培されています。今年も元日から、恒例のイチゴ狩りが始まりました。従業員・客ともに手洗いやアルコール消毒、検温を行うなど感染防止対策を徹底しているほか、例年は無制限のイチゴ狩りの時間を今年は40分に制限するなど、三密になることを防ぐ工夫をしています。先月末から夜間の気温が低く、寒暖差が大きい日が続いたため、例年以上に甘いイチゴに仕上がっているということです。真っ赤に実ったイチゴの味は・・・。

「15個くらい(食べた)とても甘かった」

「ずっと食べていたい」

西島園芸団地では去年、団体客のキャンセルが相次ぎ、土産物が売れないなど売り上げに大きな影響が出ました。例年は5万人以上が訪れますが、去年は緊急事態宣言を受けてゴールデンウィーク期間中にイチゴ狩りを中止したことから客の数は3分の1に。5トン以上のイチゴが廃棄処分になったといいます。今年は廃棄量をできる限り減らそうと、産直市や量販店のほか、通常より安い価格で果物をセットにしてインターネットで販売するなど、自宅でも楽しんでもらえるよう工夫しています。さらに地域を盛り上げようと高知龍馬空港とコラボしたこんなスイーツも開発されました。

「ふわふわのパンケーキの上を飛行機が飛んでいる。結構重みがあってずいぶん食べ応えがありそう・・・いただきます!イチゴの甘酸っぱさと生クリームの甘さ、相性抜群です。生地も弾力があります。幸せがたっぷり詰まったひとさらです」(福島記者)

「去年は客が少なく悲しい1年だったが、家にいることが多いと思うが感染対策を気をつけているのでイチゴ狩りを楽しんでハッピーな気もちになってほしい」(西島園芸団地観光部 杉本史子主任)

イチゴ狩りは6月上旬まで続く予定です。コラボスイーツは、イチゴが旬の時期は販売を続ける予定で、空港ではイチゴのスムージーが販売されています。


10日にかけて大雪のおそれ

強い寒気の影響で高知県西部では昨夜から断続的に雪が降り、けさは各地で積雪となりました。県内ではあさってごろにかけて大雪となるところがある見込みで、積雪や路面の凍結による交通の乱れに注意してください。

四国地方には上空およそ1500メートルに氷点下12度以下のこの冬一番の寒気が流れ込んでいて、あすにかけて断続的に雪が強まる見込みです。このため、今夜遅くからあす朝にかけて中部の山地や西部で大雪となる見込みです。その後もあす夜遅くからあさってにかけて再び中部の山地や西部で大雪となるところがあるでしょう。午後3時現在の積雪は津野町高野で7センチとなっています。

四万十市中村では深夜から未明に降った雪が10センチほど積もり一面、雪化粧となりました。四万十川にかかる通称、赤鉄橋を渡る人達は防寒具に身を包み、滑らないように慎重な足取りで歩いていました。

きょうから3学期がスタートし、中村駅にはけさ、列車で通学する高校生の姿が見られました。

宿毛市も一面が真っ白に雪化粧。警察によりますと雪の影響で県内ではきのう夕方からけさまでに17件のスリップ事故が起きたということです。

「四万十町影野です。町にはうっすらと雪が積もっています。太陽が出てきて積もった雪が解け始めていますが冷たい風が吹いていて寒いです。」(尾崎アナウンサー)

けさは県内16観測地点全てで最低気温が氷点下となりました。氷点下4.7℃を観測した四万十町では、住宅の屋根や道路、畑が白く染まりました。また、この寒さで干していた洗濯物が凍るなどしたということです。

「雪が積もることは滅多にない降ることはあるけどね」

「けさも油断していたら水道管が凍結していて、お湯が出なくて大変でした。この寒波には驚いています」

厳しい冷え込みで、最低気温が氷点下4℃以下となった8つの自治体には水道管が凍結したり破裂したりしたという連絡がおよそ70件寄せられたということです。

今後、予想される降雪量はいずれも多いところであす朝6時までの12時間に平地で5センチ、山地で15センチ、あす夕方6時までの24時間に平地で5センチ、山地で20センチ、その後、あさって夕方6時までの24時間に、平地で5センチから10センチ、山地で10センチから20センチとなっています。気象台は積雪や路面の凍結による交通の乱れ、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理、水道管の凍結に注意するよう呼びかけています。国道56号・「中村宿毛道路」は積雪のため四万十ICから宿毛和田ICまでの全線で通行止めになっています。


新型コロナ 高知県で新たに9人の感染確認

新型コロナをめぐり高知県内では新たに9人の感染が確認されました。このうち2人はすでに感染が確認されている人と年末に会食をしていたということです。

新たに感染が確認されたのは高知市などに住む30代から80代の男女9人で、いずれも軽症です。このうち3人の感染経路がわかっていません。9人のうち2人はすでに感染が確認されている2人と年末に酒を伴う会食をしていて、この会食に参加した6人のうち4人の感染が確認されました。また、きのう感染確認が発表された高知市の高齢者福祉施設の入所者と接触があった職員と入所者42人は検査の結果、全員陰性だったことがわかりました。

県内で入院が必要な患者は81人、このうち5人が重症、14人が酸素投与が必要な中等症となっています。これまでに県内で感染が確認された人はあわせて721人となり、県は引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。


高知県の営業時短要請 11日で終了

新型コロナの感染拡大に伴い先月16日から行われている飲食店などへ要請していた営業時間の短縮について、高知県は今月11日で終了することを決めました。

県内では先月、新型コロナの感染が急速に拡大し、2桁の感染確認が相次ぎました。県は先月16日から居酒屋やカラオケ店などに営業を午後8時までに短縮するよう要請。その後、期間を今月11日までに延長していました。今月に入ってからは、年末年始の帰省に伴う会食などで感染が確認されましたが、県は、きょう対策本部会議を開き営業時間の短縮要請を今月11日で終了することとしました。

「年明けになって概ね1日一桁台と新しい感染確認が減ってきてようやく落ち着きをみせてきた。飲食店などへ営業時短を要請してきました。多くの飲食店に協力をいただいたおかげで新たな感染確認は減少傾向になってきた。まだまだ油断できる状況ではない、ちょっと気を緩めるとまた再拡大のおそれがあると肝に銘じなければならない。」(濵田省司知事)

県は、このうえできょうから来月7日までのお願いとして帰省や旅行など県をまたぐ移動は必要最小限とし、感染防止対策を徹底すること。大人数の会食を控え4人以下、2時間以内とすることを求めました。なおこうした対応が難しい場合は県をまたぐ移動は慎重に検討するよう県民に呼び掛けています。