KUTVニュース

多様性認めるインクルーシブ教育

特集です。テーマは「インクルーシブ教育」です。「インクルーシブ」は「包括的な」や「包み込む」という意味です。「インクルーシブ教育」とは「障がいがある子どもとない子どもが一緒に教育を受けること」です。これからの社会で特に重要とされています。実践している高知県仁淀川町の小学校を取材しました。

高知県内で「発達障がいなど特別な教育的支援を必要とする児童生徒の在籍率」を表したグラフです。ここ10年ほどの間に急激に高くなっています。県教育委員会によりますと「特別支援教育」を受けている子どもの数は現在、3046人。10年前=2010年度と比べると1.5倍ほどになっています。

背景には何があるのか?特別支援教育を専門とする高知大学教職大学院の是永かな子教授はこう分析します。

「良い意味で言えば発達障がいというものが全国的に浸透していて気が付く教員、保育士が増えていったことと診断を受けることが増えたこと。もう1つは家庭の教育力が低下したり通常学級自体の基盤が弱くなっているので支援が必要な子どもたちを支えられない。一番嫌な言い方をしたら・・・“通常学級からの排除”が進んでいます。」(是永かな子教授)

一方で、障がいがある子どもとない子どもが一緒に教育を受けるのが「インクルーシブ教育」です。仁淀川町の池川小学校で実践されています。

インクルーシブ教育の実践が特に難しいとされる知的障がいがある子どもが一緒に学んでいます。

4年生の片岡旺君。特別支援学級に在籍していますが、ほとんどの教科を通常学級で学んでいます。この日の外国語の授業は2人1組で英語を使って買い物をするという内容でした。

積極的に参加する旺君。障がいがある・なしに関係なく、教室にいる全ての子どもたちが互いに関わり合いながら主体性を持って学んでいます。

「ここまで頑張れている子って多くないんですよ。旺さんは『みんなと頑張りたい』『みんなと繋がりたい』からすごく伸びる。『みんなの中で発言したい』から(伸びる)。学級の雰囲気自体が『いろんな子がいていい』と。『助けてあげなきゃ』っていう関係でもないしみんながその時間一生懸命向き合うことが大事ってことで評価できている。」(是永教授)

生活面においても子どもたちは“ごく自然に”多様性を認め合っています。この日は旺君が給食の盛り付けをする係です。

(授業中とか給食の準備のときに一緒になって色々なことをしていたのはどうしてですか?)

「旺君は人とはちょっと違うところがあるのでちょっとずつ教えてあげた方がいいと思ったからです。かわいくてよく人に話しかけてくれるところが好きです。」(クラスメート)

「みんなと関わり合える存在だなと思います。」(クラスメート)

(学校は楽しいですか?)

「はい、楽しいです。」(旺君)

(目標はある?)

「係活動。配達係を今しています。」(旺君)

障がいがある子どもの保護者が、特別支援学校や特別支援学級への入学を希望する背景には、「通常学級でついていけないこと」や「いじめられること」への不安があるとされています。

「(入学前は)不登校になるんじゃないかと思いました。何もかもが不安だらけ。トイレに行けるだろうかとか日常生活から問題があったので(学校生活に)慣れるだろうかという不安。友達とのコミュニケーションもとれるだろうかと(不安)。」(旺君の母親 片岡あかりさん)

(今は見ていてどうですか?)

「楽しそうに行っているなと。すごいのは1年生の時から『学校に行きたくない』と言ったことがない。」(旺君の母親 片岡あかりさん)

「あまり『この子はこういう特性があるから』とか『この子はこういう子だから』とかいう固定観念で見ずにみんなが仲良く学習できる環境ができるんじゃないかということで取り組んでいます。」(池川小学校 川添貴生校長)

県教育委員会も「障がいがある子どもとない子どもが可能な限り同じ場でともに学ぶこと」が重要として、インクルーシブ教育の実現のために取り組んでいます。特別支援教育の支援員を配置したり、エレベーターの設置など環境を整備したりしています。

「インクルーシブな社会を作るためには、教育がインクルーシブじゃなきゃいけない。つまり多様な差異ある人たちが共生する社会を作るためには学校の教室自体がインクルーシブで多様でいろんな違いがある人たちが共に学ぶ環境がないといけない。今グローバル社会っていわれていますけど、そこで求められている価値観。いろんな人がいていいよ、私とあなたは違いを前提にどういう風に共に生きていくの?っていうことが求められている社会なのでそれを通常学級の教室から始めてほしいと思っています。」(是永教授)


放射線治療最新機器 四国初導入

放射線治療のひとつ、ガンマナイフ治療の最新機器が四国で初めて高知市の病院に導入されました。

こちらが高知市のもみのき病院に導入されたガンマナイフ治療の最新機器です。ガンマナイフ治療は主に、転移性脳腫瘍や髄膜腫に使われます。従来、頭の固定には金属の枠を取り付けていましたが、この装置では患者に合わせた枕とマスクで固定します。(患者により枠を利用する場合もあり)

ガンマナイフ治療では、ガンマ線と呼ばれる放射線の一種を、腫瘍などの病巣に集中的に照射し破壊します。マスクで固定することで患者の体の負担が減るほか、複数回の治療や、より大きな腫瘍の治療も出来るようになりました。

「これまで5000例開院以来やってきたんですけど、なかにはもっとこうやれば治療ができるという歯がゆいところがあって、それをカバーしてくれるという面でやりやすくなった。手術とガンマナイフと他の治療を組み合わせて治療していきたい」(もみのき病院 森木章人院長)

今後も、患者や病状によって手術や従来の装置による治療も行われ、治療の幅が広がることが期待されます。


高知FD選手 専門学校で応援お願い

おらんく球団、高知ファイティングドッグスは、11年ぶりの優勝に向け正念場を迎えています。今月24日までに残り11試合を戦うハードなスケジュールの中、高知市の専門学校で選手が応援をお願いしました。

「みなさんこんにちは。高知ファイティングドッグスの竹内健吾です。11年ぶりの優勝目指して頑張りますので、ぜひ球場に応援に来てください。」(竹内健吾投手)

昼休みに高知市の専門学校を訪れた高知ファイティングドッグスの竹内投手。

シーズン終盤の応援をお願いするため、球団グッズなどを販売しました。

高知ファイティングドッグスは、首位・徳島とのゲーム差が1。残り11試合のうち5試合が首位との直接対決です。2009年以来となる11年ぶりの優勝に向けて負けられない戦いが続きます。

「久しぶり(の優勝)と言われて選手は大変だが、頑張ってもらいたい」(教員)

「せっかく手にしたチャンスなので、今年ぜひとも優勝してもらいたい」(学生)

「球団のためにも地域の人のためにも応援してくださるみんなのためにしっかり優勝したい」(竹内健吾投手)

正念場を迎えた選手たち。ファンの応援を力に今度の土曜、日曜は高知市野球場でのナイトゲームに臨みます。

「1試合1試合頑張りますのでぜひ球場へ応援に来てください。」(竹内健吾投手)


秋深まる牧野植物園 高知市

朝晩の気温が下がり、秋の深まりが感じられるようになりました。季節の植物が楽しめる高知県立牧野植物園で、見ごろを迎えている花を取材しました。

まずは「ホトトギス」です。花びらの模様が鳥のホトトギスに似ていることから、その名がつきました。

このホトトギスにはさまざまな種類があり、中には牧野富太郎博士が越知町で発見し、和名をつけたものもあります。上品で美しい花が連なって咲いている「ジョウロウホトトギス」。ホトトギスのような模様は花の内側についています。

続いては、とても珍しい花!去年、四国で初めて開花した「ハナカズラ」です。国内では九州にしか自生しておらず、その数も減っていて、絶滅危惧種に指定されています。牧野植物園では、保護の目的でこのハナカズラを植えています。

「トリカブトの仲間の中で唯一のツル植物です。今花をご覧いただけます。花のカブトのような形深い紫色をみてほしいです」(牧野植物園企画広報課 松本孝ガイド)

植物とともに生きる虫たちからも秋の深まりが感じられます。美しい羽を羽ばたかせているのは、「アサギマダラ」です。春から夏にかけて日本列島を北上し、秋には台湾付近まで南下することから、「旅する蝶」と呼ばれています。

全国のボランティアが羽にマークをつけて飛行ルートを調べていて、この個体は、先月末、愛媛にいたことがわかります。

アサギマダラは11月はじめには鹿児島に移動するとみられています。

このほかにも、気温が低くなってくると茎に霜を付ける「シモバシラ」や、スイレンの仲間で、大きな花を咲かせる「ミズーリ」、「レッド・フレア」なども見ごろを迎えています。

「気候も落ち着いてきた。ゆっくり巡るには良い季節。菊もこれから咲くので、秋の楽しみのひとつとして菊も見てもらえれば」(牧野植物園企画広報課 松本孝ガイド)

牧野植物園では、今月24日と25日に開園時間を午後8時まで延長する「よるまきのハロウィーン」が開かれる予定です。


新型コロナ新たな感染確認 140人に

高知県内で新たに1人、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。今月10日に感染が確認された男性の接触者で、県内の感染確認はこれで140人となりました。

新たに感染が確認されたのは、中央東福祉保健所管内の、50代の男性です。男性は今月3日、県内139例目の男性会社員と会食。10日に男性会社員が陽性と分かり、自宅待機をしていましたが、12日に発熱し、きのう、PCR検査で陽性と確認されました。男性は軽症で、同居する両親2人が濃厚接触者にあたるということです。また、139例目の男性と会食をしていたのはこの他にも2人いたということですが、このうち1人は陰性で、もう1人の検査結果はあす朝判明する見込みです。

県内での感染確認は140人となり、現在2人が入院しています。