KUTVニュース

テイクアウトフェスタ出店の絶品グルメ

今月3日と4日の2日間、高知市の中央公園で開かれた「テイクアウトフェスタ」。新型コロナの影響でイベント中止が相次ぐ中、2日間で1万4000人が訪れました。からふるではコロナ禍でも前を向いて事業を進める出店事業者の中から新しい店や商品にターゲットを絞り、3つの店舗の絶品グルメを取材しました。

今月3日と4日に開かれた「地産地消マーケット テイクアウトフェスタ」。新型コロナで打撃を受けた飲食店や生産者らを応援したいとの思いで高知市が地産地消をテーマに開きました。初日は6000人、2日目は8000人が来場しにぎわったこのイベント。県内各地からおよそ40店舗が参加し、地元の食材を使った弁当や洋菓子、加工品などが販売されました。

いの町の量販店にあるスイーツ店です。土佐ジローの卵をたっぷり使ったスイーツが作られていました。作っているのは矢野陽樹さん。土佐ジロー卵のおいしさと生産者の人柄にほれ込んだといいます。矢野さんがほれ込んだ土佐ジローの卵を生産するのは尾崎彰則さんです。今回のフェスタに出店するにあたり、新型コロナで売り上げが減った県内の3人の土佐ジローの生産者からおよそ750個の卵を買い取ったといいます。先月、尾崎さんと矢野さんがタッグを組んで土佐ジローの卵のおいしさや風味を感じられるスイーツの試作を重ねました。

「ありふれた商品だけど、王道のど真ん中を行こう~土佐ジローである商品を作ろうと。」(尾崎さん)

生地を型に流し込み、オーブンに入れておよそ12分。焼きあがったのはドーナツです。土佐ジロー卵を使ったドーナツは2日間で、およそ800個が売れました。

「おいしいという反応で嬉しかった。」(尾崎さん)

新型コロナで生産者同士の新しい繋がりが生まれたといいます。

「生産者側も協力して頑張りたい。」(尾崎さん)

高知市のこちらのホテルは土佐あかうしの弁当やウツボのお茶漬けなどを販売しました。新型コロナの影響で宿泊客は激減。売り上げは大きく落ち込んだといいます。

「宿泊も宴会もなく大変だった苦しかったです。」(宮地オーナー)

そんな中、イベントのために用意した土佐あかうしの弁当は、2日間で360個が売れました。肉本来のおいしさを味わってもらえるよう、肉は焼かずに湯にさっとくぐらせ、和風のあっさりとした特製ダレを絡ませています。生産量が少なく「幻の牛」とも呼ばれる土佐あかうしを、弁当でテイクアウトできるとあって大勢の人が買い求めていました。

「最初は20個くらい。ホテルと会場をピストンしてお弁当を作り続けた。おいしかったからと次の日にも来てもらえた」「たくさんのお客様に来場いただいて、会場の方には目も向けれず、対面で販売していたという感じです。」(宮地オーナー)

県内外に改めて高知の食のすばらしさを知ってもらうまたとない機会となったようです。

高知市はりまや町に先月オープンした店「ROUTE66」。県内産の卵をたっぷり使った少し変わったサンドイッチが、人気を集めています。

「これまだ中とろとろなんです。」

ふわふわに焼き上げた卵焼き。このままパンに挟むかと思いきや…出来上がったのは、たまごカツ!ソースをたっぷりのせたパンに挟んだ「たまごカツサンド」がこの店の看板メニューです。店のオーナー、谷岡淳子さん。大阪で人気を集めていたたまごカツサンドにほれ込み、仲間と一緒に高知に店をオープンさせました。

「逆に今だからやったらいいかなって。テイクアウトや持ち帰りメインにしてますし、今だからだめとかなくってとにかく今やるべきやないかと思いました。」(ROUTE66 谷岡淳子オーナー)

谷岡さんは、高知市追手筋のライブバーを経営しています。週末は毎日ライブが入り、多い時は100人ほどの客が入っていましたが、新型コロナの影響で2月半ばから客足がぱたりと途絶えてしまいました。

「いまだに何が起こっているのかという感じではありますね。みなさんそうだと思うんですけど、ここはライブハウスとは違って、ライブができるバーではあるんですけど、ライブハウスで最初にクラスターが出て、クローズアップされてしまって他の飲食店よりも早い段階から遅い段階までずっとお客さんが控えてしまったんではないかと思うんですけど。」(Sha.La.La 木村美紀マネージャー)

9月以降、少しずつ予約も入り始めたといいますが、それでも店を存続させていくのは厳しい状態だといいます。

「音楽を通じて出会えた人たちとまた会いたいなって思うので、このお店は絶対に守り続けていきたいなという気持ちはありますね。」(木村マネージャー)

「いつまで待ってても(これまで通りには)できないなと。じゃあこの宝物をみんなに食べてもらいたいなと思って。」(谷岡オーナー)

コロナで打撃を受けたライブバーを守るために、仲間と始めた新しい挑戦。たくさんの人たちに助けられてオープンしたという店の看板メニュー「たまごカツサンド」には、「みんなで一緒に高知の街を元気にしたい。」との思いが込められています。

「やろうと思ったらすぐに力合わせるのが高知特有じゃないですか。強さ感じますので大丈夫ですよね、高知!」(谷岡オーナー)


小学生がダイコンの種まき 高知・南国市

南国市の小学生が、地域の伝統野菜であるダイコンの種まきを体験しました。年明けには収穫も行う予定で、子どもたちは楽しみながら伝統に触れていました。

南国市の西山地区は水はけがよく根菜類の栽培に適していて、ダイコンは1970年ごろから栽培されています。きょうは地域の伝統野菜について学んでもらおうと、近くの後免野田小学校の2年生21人が、畑に招待されました。子どもたちは漬物に加工されるダイコン、およそ1500本分の種を畝に植えていきました。種は消毒液の関係で赤色に染まっています。

「初めて見た種。ドッグフードにしか見えん。」(児童)

「楽しい!」(児童)

西山地区では1970年代、23軒の農家がダイコンを栽培していましたが、高齢化などを受けてその数は年々減少。10年ほど前に最後の1軒が生産をやめようとしたところ、農業生産法人が跡を継いだ経緯があります。生活科の授業の一環で行われたダイコンの種植え。子どもたちは楽しみながら受け継がれた伝統に触れていました。

「初めてだった植えるのが楽しかった。」
「この赤いのが育つんだと思った。」
「きれいに生えて大きく育ってほしい。」(児童たち)

来年1月には子どもたちが再び畑を訪れ、大きく育ったダイコンを収穫する予定です。


宿毛の直七 土佐料理店でPR

宿毛市特産の柑橘=直七のおいしさを広めようと、高知市や東京・大阪の土佐料理店で直七をアピールするキャンペーンが始まりました。

高知市の「土佐料理 司」では、10年ほど前から直七を料理やドリンクに取り入れています。

直七は宿毛市で栽培されているすだちの一種です。酸味と甘み、渋みのバランスがよく、魚や肉などの料理の味を引き立たせます。しかし、今年は新型コロナの影響で出荷先が激減。収穫したものの出荷できず、直七が余ってしまうといった農家の声を受けて、「土佐料理 司」では直七をアピールしようと先月から青玉と果汁の卸売を始めました。

店舗では「直七すだち祭り」と題したキャンペーンがきょうから始まりました。高知市の本店と東京・大阪の7店舗で「直七サワー」が半額になります。また、来店者全員に直七がプレゼントされます。

「直七すだちっていう柑橘なんですけど、まだまだ世間の方には認知度が低い柑橘で、より多くの方に良さを知って頂きたいと思いましてキャンペーンをすることになりました。焼き魚とかお刺身とか唐揚げとか、いろいろなものに使用できると思うのでギュッと絞って召し上がって頂きたい。」(土佐料理司高知本店 北村宏輔取締役営業部長)

土佐料理 司の「直七すだち祭り」は今月31日まで開かれています。


ショウガ博士になろう!いの町の小学校で出前授業

児童たちが体験を通してショウガについて学ぶ出前授業が、高知県いの町の小学校で行われました。授業を通して子どもたちは地元の特産品への関心を高めたようです。

いの町は100年以上前からショウガの栽培を行っていて、「ショウガ発祥の地」といわれています。出前授業は子どもたちに地元のショウガに興味をもってもらおうと、県やいの町などが毎年この時期に行っています。

きょう枝川小学校で行われた授業には3年生42人が参加。生産者がショウガの栽培から出荷までの流れなどを説明すると、子どもたちはメモをとりながら耳を傾けていました。

「雨がザーッと降ってショウガが畑に浸かってしまうと腐ってしまいます。気を遣って5月から10月は作業をしています。11月になって収穫したときはやっと自分たちの成果が実感がわいてきます。」(生産者)

中には積極的に手を挙げて質問する子どもたちの姿も。

「高知県だけでなくほかの県ではどのくらいショウガが作られていますか?」(児童)

例年、実施される混ぜご飯の試食は新型コロナ感染防止対策で中止となり、今回は体験学習だけとなりました。

「マスクをしていますが、ここまでショウガの香りがきます。子どもたちは大きなショウガを次々にはかりに乗せ、興味津々です。」(中元アナウンサー)

子どもたちは茎を切ったり、香りを嗅いだりして地元産ショウガの魅力を肌で感じていました。

「長さがどのくらいかわかった。おいしそうだと思った。」
「ショウガを食べたことはある。でも感じたことはない。甘いにおいがした。ショウガの保存方法が二つあることが勉強になった。」(児童)

生産者の山岡さんは体験学習はショウガに興味を持ってもらうこと以外に、もう1つ狙いがあるといいます。

「高知県は一次産業が盛んなので、もしかしたら農家さんになりたいという子が現れるかもしれないので僕たちは楽しみにして、そういう思いで伝えています。」(ショウガ栽培歴5年 山岡義典さん)

いの町のショウガの収穫は今月末から来月末までで、今月16日には伊野小学校でも出前授業が行われます。