KUTVニュース

高知・室戸市で大雨 時間雨量130.5ミリ

高知県内は大気の状態が非常に不安定となり、室戸岬ではけさ、1時間に130.5ミリの猛烈な雨を観測しました。地域の人たちが「こんなに降るとは思わなかった」と話す今回の大雨。事前の備えの大切さを感じた人も多いのではないでしょうか。

前線を伴った低気圧が四国沖を東に進んだ影響で、県内では大気の状態が非常に不安定となり、県西部と東部では未明からけさにかけて局地的に猛烈な雨が降りました。

室戸岬では午前5時51分までの1時間に9月の観測史上最大となる130.5ミリの猛烈な雨を観測。記録的短時間大雨情報が発表されました。

室戸岬ではきょう午前9時までの12時間に降った雨の量が363.5ミリと観測史上最大となり、室戸市を流れる室津川では、けさ、一時氾濫危険水位を超えました。

現在は通常どおりの水位まで下がっているということです。

また、この雨の影響で元地区では市道沿いの土砂が崩れたほか、室戸岬地区では4棟が床下浸水しました。

地域の人たちは自宅の前まで流れてきた土砂の後片付けに追われていました。

室戸市によりますと、この大雨によるけが人はいないということです。避難勧告や避難準備の情報は発表されませんでしたが、保健福祉センターには避難所が開設され、1世帯3人が一時自主的に避難しました。

室戸市はきのうの時点でこれほどの雨は予想していなかったと言います。

「きのうの段階では特別な体制はとっていなかった。」(室戸市防災対策課 山崎桂課長)

けさ5時すぎに大雨警報が発表され、室津川の水位が急激に上がり始めたため、市は災害対策本部を設置。今回は住民に避難情報を出すまでには至らなかったものの、より迅速な対応が求められることを痛感したといいます。

「ゲリラ豪雨、急に雨量が増え水位が上がることがあるのでどうやって住民に避難の呼びかけをするのか、避難所を少しでも早く開けることができるのか事前に準備や訓練が必要。」(室戸市防災対策課 山崎桂課長)

今回の大雨による大きな被害はありませんでしたが、「想定外の雨」に対し、あらためて日頃の備えの大切さを感じた人も多いのではないでしょうか。


高知県産業振興計画「さらに進化へ」

高知県が進める産業振興計画について様々な分野の有識者から意見を聞くフォローアップ委員会が開かれました。新型コロナの影響と対策や、第4期計画の進捗状況などが報告されました。

委員会ではまず、去年までの4年間で進められきた第3期計画の目標達成状況などが、初めて報告されました。地産外商に加え、担い手確保などに力が入れられた第3期計画では、例えば、農業の産出額が1177億円、県外観光客が438万人、移住者が1030組など、それぞれの分野で目標を達成しています。その上で第4期計画では、各分野に付加価値をつけるため、デジタル技術と産業の融合や、県外・海外とのネットワーク強化などが進められていて、濵田知事は「計画自体はコロナで遅れた部分もあるが、デジタル化など方向性は間違っていなかった」と述べ、計画をさらに進化させていくと説明しました。

この後、関西との経済連携の方向性や、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた第4期計画の進捗状況が報告され、委員からは「地方への関心が高まる中、ターゲットを明確にして移住のアプローチを」「ワーケーション、テレワーク環境の整備の重要性」といった意見が出ていました。


よさこいの華 一堂に 高知市で展示会

コロナ禍で今年のよさこい祭りは中止となりましたが、熱気を少しでも感じてもらおうと、よさこいを彩る「フラフ」の展示会が高知市で開かれています。

「高知よさこい情報交流館」で開かれている「よさこいチーム旗展」。フラフはおよそ30年前からよさこいに取り入れられ始め、演舞の際には、踊り子の士気を高め、観客をさらに盛り上げます。チームの個性を映し出すフラフのデザインや大きさは様々です。

「今まで振られているよさこいのチーム旗を間近で見てもらい、手に取ってもらって、こういう文様が描かれているんだ、こういう意味合いがあったんだということを知ってもらおうと企画しました」(高知よさこい情報交流館 曽根脩平さん)

今回のフラフ展では、「とらっくよさこいbyちふれ」の小旗や、縦およそ3メートル・横およそ4メートルもある「大橋通り踊り子隊」の大旗など有名チームのフラフが12点展示されています。実際に旗を持って記念写真を撮ることもできます。

「今年はよさこいがなかったので、よさこいがないときに、少しでもよさこいのともしびを消さないためにも何かできないかと思って考えました。よさこいの魅力の一つとして旗があるので、そういうところを見て頂いて、よさこいをもっと好きになっていただきたいと思います。」(高知よさこい情報交流館 曽根脩平さん)

「よさこいチーム旗展」は11月17日まで開かれています。


速く走るコツを児童に伝授

高知市の小学校で、短距離走のプロが子どもたちに走り方を伝授しました。子どもたちは速く走るためには「走り方」が重要だという事を学んでいました。

「毎年リレー選手になりたい」(児童)

「家族みんなに今年もリレー選手になったよっていいたい」(児童)

「そんなに早くないから早くなってみたい」(児童)

そんな子どもたちの願いが叶えようと高知市の旭小学校で開かれた走り方教室。高知市教育委員会の特色ある学校づくりを進める事業の一環で、推進校に指定された高知商業高校の2年生が開きました。

講師はビーチフラッグスの元日本代表で、世界大会で2度、表彰台に立った経験を持つ和田賢一さんです。和田さんによりますと、短距離走で重要なことは、左右の足の入れ替えをスムーズに行うことと、踏み出す足を遠くに運ぶことだということです。

「落として、この膝を遠くに!」(和田賢一さん)

児童たちは、世界大会で活躍したプロから正しい短距離の走り方をしっかり学んでいました。

「こうやって走ればいいんだというのが分かったよね。だから練習できるでしょ?実は走りというものをこういう風に正しく練習すれば早くなるものです。」(和田賢一さん)

「つま先(走りでかかとを)あげると早くなった気がする」(児童)

「運動会があるので1番になれるように頑張りたい」(児童)

「(走ることは)あまり好きではない。少しだけ好きになったかな」(児童)

スポーツ庁の調査では県内の小中学生の体力テストの結果は全国平均を下回っていて、高知商業高校はこういった活動を通じて、子どもたちの体力向上を図りたい考えです。