KUTVニュース

ナシの出来は上々も・・・台風心配する声

秋の味覚のひとつ、梨の収穫が高知市で始まっています。今年の出来は上々だということですが、相次いで発生した台風について、農家の人たちからは不安に思う声が聞かれました。

黄金色に輝き、ふっくらと大きく実った梨。高知市の針木地区は仁淀川から吹く風と昼夜の寒暖差が大きいなど梨の栽培に適しています。およそ100年の歴史がある岡林果樹園は、8月中旬から梨の収穫を始めていて、今は秋の早い時期に実る「豊水」が、収穫の最盛期を迎えています。果汁たっぷりで、糖度が高いのが特徴の豊水。その味は。

1日におよそ800個の梨を収穫する岡林果樹園。農家の人たちは不安定な天気の中、変色や害虫を防ぐために袋がけした実を1つ1つ丁寧に収穫していました。心配なのが、相次いで発生した台風。農家の人たちをやきもきとさせています。

「週末の台風心配ですね。雨はほしいんですけど風には弱いので雨だけの台風であってほしい。」(岡林果樹園 岡林保幸さん)

今年は梅雨が長引いた影響で梨が大きく成長しなかった時期もありましたが、豊水の出来は上々だということです。

「ぜひこの秋の味覚として針木の早生梨豊水を残暑厳しい中ご賞味ください。針木の新高梨組合のみんなが集まっていい梨を作ろうとしていますので楽しみにしていてください。」(岡林果樹園 岡林保幸さん)

梨の収穫は10月下旬まで続き、豊水は今週末まで収穫される予定です。


高知市「デパート店員」かたる電話 空から特殊詐欺被害防止へ

きょう午後、高知市内でデパートの店員をかたる不審電話が相次ぎました。高知県警は特殊詐欺被害防止のためヘリコプターで注意を呼びかけました。

きょう午後、高知市に住む70代から80代の高齢者の自宅に、高知大丸の店員をかたる女から「カードを作っていませんか?」「カードが使われています」などと電話がありました。電話は6件相次ぎ、高齢者はいずれも詐欺の電話だと気づき、被害はありませんでした。県警は、同じ地域で不審電話が相次いだことから、県警ヘリを使い、空から「現在、この地域に特殊詐欺の犯人から電話がかかっています」と注意喚起を行いました。

県警では「家族構成やキャッシュカードの暗証番号を聞き出そうとする典型的な特殊詐欺のパターン。電話で暗証番号は絶対に教えないように」と注意を呼びかけています。


濵田知事「関西経済連携」スタート

濵田知事が就任前から掲げていた、関西圏との経済連携が動き出しました。新型コロナで数か月遅れてのスタートとなりましたが、きょう、大阪に高知県の幹部や関西の企業のアドバイザーらが集まり、今後の戦略の方向性を話し合いました。

濵田知事は就任前から、「関西の経済を呼び込む」とし、関西圏との経済連携を公約に掲げていました。7月以降、関西の様々な企業の経営者らをアドバイザーに委嘱し、きょう、初めての会議が開かれました。新型コロナで数か月遅れての開催となりました。

「去年夏まで大阪の副知事、万博誘致やIRに関わった、高知の経済活性化図るなかで関西との連携を生かさない手はないとアドバイザー委嘱。人口減の中でも戦略をうちたててしっかりと進めていきたい。」(濵田知事)

アドバイザーには近鉄グループホールディングス、関西経済同友会、関西エアポートなど一次産業から飲食業、観光まで、幅広い分野の人たちが委嘱されています。会議では今年度中にまとめる予定の連携強化戦略の方向性が示されました。観光推進、食品の外商拡大、万博・IRとの連携という3つのプロジェクトを柱に、例えば観光振興では「ウィズコロナ、アフターコロナ」を見据えた観光地の磨き上げや、大阪観光局と連携した展示会の開催。外商分野では野菜や魚などの販路拡大に向けた連携強化などがあげられています。

アドバイザーからは「環境をテーマにしたツーリズムが求められてくる。」「コロナによる働き方、暮らし方の変化を前提に高知の資源、商品を組み立て直す必要がある。」などといった意見が出ていました。

会議は今年度中にあと2回開かれ、10月に予定している次回、戦略の骨子案が示される予定です。県は、来年度の当初予算に具体的な費用を盛り込み、連携を本格スタートさせたい考えです。


新型コロナ 新たに児童の感染確認

高知県はきょう新たに1人、10歳未満の児童の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは高知市に住む10歳未満の男子児童です。きのう感染が確認された女性の息子で、濃厚接触者としてPCR検査を行ったところ、きのう陽性が確認されました。無症状だということです。児童は先月29日から自主的に自宅待機をしていたため、同居している家族以外に濃厚接触者はいません。このため県は学校名については明らかにしていません。

なお県内ではきょう1人が退院し現在入院治療を受けている人は21人、このうち1人が重症です。