KUTVニュース

よさこいを世界に生配信

よさこい祭りの中止を受けて、踊りを世界に生配信するイベントが高知市で開かれました。

イベントは高知県出身のギタリスト山下俊輔さん企画のもと、高知市の料亭濱長が開きました。戦後の復興のためにと料亭濱長の初代亭主・濱口八郎が発起人となり始まったよさこい祭りは、今年、史上初の中止に。イベントでは芸妓、舞妓が三味線に合わせて踊る「よさこい節」や「よさこい鳴子踊り」とともに、去年、金賞を受賞した「濱長花神楽」の踊りが動画投稿サイトユーチューブを通して世界に配信されました。

「こういったライブ配信によって皆さんによさこいを届けることができてほんとに良かったと思います。」
「一刻も早く(新型コロナの)終息を祈りまして来年のよさこいに繋がるような活動を今年はしていけたらいいなと思っております。」(踊り子)

前に進むを合言葉に行われた今回のイベント。主催者は「あまり外に出ず頑張っている皆さんに 配信を通して元気を与えられれば」と話していました。


コロナ禍のお盆休み 日曜市にぎわう

コロナ禍のお盆休みを迎えていますが、高知市の日曜市はにぎわいを見せてました。

県内外から観光客が訪れた日曜市。出店者は「客は普段より多いものの、例年のお盆の時期よりは少ない」と話します。中には感染が広がっていないという理由で、旅行先に高知を選んだ人も。

「高松から来ました。海外・東京・大阪も行ってみたいなと思いましたけどこのご時世なので。四国内だったらコロナ気にしながらも楽しめるかなと」(香川から)

JRをはじめ交通機関も例年のような帰省ラッシュとはなっていません。

「奈良から来ました」
「高知市内まで来て何かおいしいもの食べようかなと」(奈良から)

JR四国によりますと、きょう午後4時現在の土讃線特急列車の乗車率は、最大で下りが70%、上りが40%だということです。