海と日本プロジェクトin高知県

プロジェクト情報
プロジェクト名

海と日本プロジェクトin高知県

メッセージ

幾多の冒険譚に満ちた「黒潮の海」を次世代に継承していくため、こども達が地元の海に触れ、海への親しみを育てる活動を行っています。

https://kochi.uminohi.jp/


第9話 6月23日(火)22:57~23:00 放送 竹内商店(土佐市の鰹節工場)

朝8時、慣れた手つきで鰹を捌いている皆さん。

鰹節を製造している竹内商店は、今年で創業73年。その後継者として奮闘しているのが竹内太一さんです。

竹内さんは関西で会社勤めをしていましたが、5年前にUターンしてきました。

昔ながらの製法で作られる鰹節ですが、特に本枯れ節(ほんがれぶし)は、カビ付(つ)けと天日干しを繰り返し、完成まで6カ月もかかります。


第8話 6月22日(月)22:57~23:00 放送 地域おこし協力隊(室戸)

JICA・青年海外協力隊でのグアテマラ派遣を経て1年半前に地域おこし協力隊として、室戸市に移住した遠枝澄人さん。

愛用のカメラ片手に、室戸の人、歴史、海を発信しています。

遠枝さんの仕事は、室戸を発信するコンテンツづくり。地域の人に密着した動画制作、さらには室戸世界ジオパークを舞台にしたツアーづくりも!

 


第7話 6月16日(火)22:57~23:00 放送 三津漁協の女性漁師

朝5時…
室戸市三津漁港に集まるのは、定置網漁に出発する漁師さん。
その中に1人、女性の姿が…和歌山県出身の岩田梅佳さん。三津大敷組合初の女性漁師です。

一時は水族館の飼育員を目指すほど魚が大好きという岩田さん。漁師となって一番嬉しいことは?

漁師になって数カ月、まだまだ修行中の身。そんな岩田さんの夢は?


第6話 6月15日(月)22:57~23:00 放送 海の生き物と共に46年

昭和6年に創立された桂浜水族館。
どこか懐かしい、アットホームな雰囲気が人気のこの水族館を長年支えている男性がいます。
飼育員として46年目、丸林友文(まるばやし ともふみ)さんです。

丸林さんは、40代の頃、かつてショーの人気者だった「クジラ」の飼育を担当していました。今でも「クジラたち」との日々を思いだすと言います。