情報パレットからふる

番組情報
番組名

情報パレットからふる

放送時間
月~金 ごご5時15分~6時55分 (※途中ごご5時50分~6時15分「Nスタ」)
番組紹介
毎日に彩りを!
高知の「今」にこだわり、注目ニュースから暮らしに役立つ情報まで、
幅広くピックアップ!県内各地から生中継もお届け!

新型コロナ ここが知りたい Q&A

新型コロナ ここが知りたい Q&A

「情報パレットからふる」に寄せられた皆様からの質問をまとめました。答えてくださったのは、高知県感染症対策協議会会長・吉川清志(きっかわきよし)医師です。

Q.スーパーのレジで、透明の仕切りのようなものがあります。もし隣のレジの店員さんがせき込んだ場合、大丈夫でしょうか?

A.飛沫感染の心配をされているようですね。飛沫実験によると、飛沫は前に飛び、後ろには飛びません。前に覆いがあれば心配ないでしょう。ちなみに、買い物のときの注意点としては、長居をしない、目的のものを買ってさっさと帰る、家族全員で行くのではなく一人で行く、こういったことで感染のリスクが低くなります。

Q.いつ、このコロナ終わるのでしょうか?

A.韓国や中国は収まってきているので、日本もその状態を作れるはずです。皆さんの行動で感染を防げれば社会活動ができます。一人一人が頑張って感染者を増やさないことが大切です。そのためには、密閉・密集・密接の3つの密を避ける、こまめな手洗い、マスクの着用など、県民全員で感染防止策に取り組んでほしいと思います。それが、終息への近道です。

Q.買い物かごや食品など、不特定多数の人が触れたものは危険でしょうか?

A.家の中はきれいなゾーンと考えて、外にはウイルスがいっぱいいます。物にもついていて、数日間は物の表面で生きていますが、量は多くないので心配しすぎないでください。ウイルスは直接体に入るわけではなく、触った手から入ってきます。物に触った時にはしっかり手を洗い、次の行動をしてください。食べ物であればしっかり水洗いして食べてください。

Q.コロナウイルスの薬の開発状況や完成見込みの時期が知りたいです。

A.コロナウイルスの薬をゼロから開発するのは間に合いません。インフルエンザ、エイズ、エボラ出血熱のウイルスに効く薬がコロナウイルスに効くのでは?ということで、感染している方に使わせていただいて効果を見ているところで、実際に効いているのがある程度わかってきました。そういった薬がだんだん使われてくるのではないかと思います。

Q.帰宅した時、その日着ていたスーツやジャケットは、そのままクローゼットに片づけていいのでしょうか?干した方がいいですか?また、その衣服に触ると、ウイルスはつきますか?

A.衣服にウイルスは付着していますが、量は多くなく、そのままの状態で数日で死滅します。ですから、帰宅してそのままハンガーラックにかけたりクローゼットに片付けたりして大丈夫です。気になるのであれば、衣服を収納した後、手洗いをしてください。ただ、収納したクローゼットの中には、少しはウイルスがいると思って注意する必要はあります。小さなお子さんがいらっしゃる方は、お子さんがウイルスの付いた衣服に触らないように気を付けてください。帰宅して衣服を片付けずに、ソファーに置く、なんてこともあるかもしれませんが、子どもの手の届かない場所に片付ける必要があります。

Q.平熱が低いのですが、何度からが発熱となるのでしょうか?

A.平熱が低い人は、平熱から0.5~1度くらい高ければ発熱を疑ってください。咳やのどの痛み、倦怠感などの症状があれば、風邪など(新型コロナウイルスを含む)に感染したと考えてください。平熱が高い人は、先ほど紹介したような症状が伴わなければ、いつもの状態と判断してよいでしょう。体温は1日のうちでも上がったり下がったりしますので、日頃から一日の体温の変化を知っておくことも必要です。補足ですが、新型コロナについて、熱と他の症状は、並列と考えてください。新型コロナは、熱が出ない場合もあります。熱が出ていなくても、咳やのどの痛み、倦怠感などの症状があれば、勤務を休んでください。数日で回復すれば出勤してよいですが、症状が続くようならば医療機関を受診してください。

Q.ものに付着したウイルスは、どれくらい生存しますか?

A.大まかには、数日は生存していると言われています。具体的なウイルスの生存時間ですが、例えば、銅の表面であれば3~4時間、プラスチックだと3~4日間生きていると言われています。ウイルスは人の手を介して移動しますから、物に触った手で顔に触れないようにしてください。こまめに手を洗うことが大切です。

Q.ウイルスが付着したものから別のものにウイルスは移動しますか?

A.ウイルス自体が移動することはありません。ウイルスは人の手を介して別のものに付着します。

Q.体内に入ったウイルスがごく少量でも感染しますか?

A.この点については、はっきりとしたことが言われていません。例えば、ノロウイルスは感染力が強く、少量のウイルスでも感染します。感染するかしないかは、ウイルスの量と感染力、個人の免疫の状態で違ってきます。新型コロナは、感染力についてはっきりと分かっていないので、大切なのは「免疫力」ということになります。免疫力を下げないように、疲れをためず、しっかり眠ってしっかり食べる。規則正しい生活を心がけてください。

Q.会話でも感染すると聞いたのですが、マスクをお互いにしていても感染するのでしょうか?店などで会話する場合、その後の対応など教えてください。

A.マスクを着用していても、長時間、近い距離で話をすれば、「密な場面」にいる、つまり「密接」ということになります。マスクで完全に防ぐことはできませんし、相手が飛沫を出していなくても、自分が飛沫を出していることがあります。ですから、お互いに感染する可能性はあります。人と話をするときは、マスクをしたうえで、距離をとって話してください。その後の対応というよりは、その時の対策が重要です。とにかく「密接場面」は避けてください。

Q.コロナに感染すると翌日に症状が出る人もいれば、1週間後に症状が出るなど、個人差がありますか?

A.新型コロナの感染から発症までの潜伏期間は1日~14日。平均5日と言われています。感染から5日前後で発症することが多いと言われています。

Q.コロナは湿気に弱いのでしょうか?梅雨の時期になれば落ち着きますか?

A.コロナウイルスが湿気に弱いか強いかということは、特にデータがありません。ですから、気候に左右されることなく、こまめな手洗い、不要不急の外出を控える、密閉・密集・密接を避けるなど、毎日の感染予防対策をしっかりしてください。

Q.次亜塩素系を薄めたものを使って、ドアノブなどを消毒しています。使った後のタオルは捨てていますが、再利用できますか?

A.消毒の際、次亜塩素系を薄めたものを使っているということは、使うタオルに次亜塩素酸が含まれるので、タオル自体にもウイルスはいないはずです。普段通りに洗濯して何回でも再利用して問題ありません。

Q.新型コロナに感染した場合、家の中の消毒の仕方と程度。また、衣類の洗濯の仕方は?

A.自分や家族が感染した場合の家の中の消毒については、保健所の指導のもと行なってください。皆さんのお住まいの地域を管轄する保健所に問い合わせると、消毒の仕方を教えてくれます。

 衣類の洗濯の仕方については、普段洗濯するのと同じようにしてかまいません。洗うことでウイルスも洗い流されます。どうしても心配であれば、感染した人とそうでない人の衣類を分けて洗濯してください。衣類から感染したというデータは今のところないので、過剰に心配せずに普段通り洗濯してください。