KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV

 第411回 審議会だより

テレビ高知放送番組審議会

第411回審議会議事の概要 
1.開催年月日
平成20年2月1日(金)
2.出席委員(敬称略)
委員長 森本 忠彦
副委員長 石川 啓子
委員 池田あけみ
下岡 正文
会社側出席者 高石 眞一(代表取締役社長)
竹村 修己(常務取締役報道技術センター長)
有光 孝一(取締役編成業務局長)
事務局 笹岡 良昭 (事務局長)
欠席委員 荒川 浩一
岡本 康生
角 博子

3.議事の概要

(1)議題
番組の合評 「私は生きる〜JR福知山線事故から2年〜」
放送 20年1月4日(金)13:00〜14:00

(2)審議の概要 
上記番組視聴の上、合評
次回定例会の確認

(3)上記議題に対する各委員の意見の概要は次の通り
・ 無駄のない締った番組。
・ 全てにブレがなく、一人の人物をきちんと見据えた秀作。
・ 番組の作り方に騒々しさがなく、リアリティがある中で全てが控え目で好感。
・ テーマとした家族の絆や人間の生命力が見事に表現されている。
・ 大仰なセリフ回しもなく、一種引いた作りに説得力がある。
・ 人間の生命力の奇跡のプロセスとも言える内容だが、このような番組を作った取材者の人間性が見て取れる。
・ 作るテクニックの問題ではなく、取材者の人間性が番組を構成している。
・ 「助った日、助けられた日」という言葉はすごいし、それを引き出した取材者はなおすごい。
・ 折角のいい話が、もっと聞きたいと思う所でフェードアウトされ残念。
・ 対象人物、家族、取材者が相まって、静かな感動を覚えた。
・ 悲劇を前面に出すでもなく、批判もなく、生命の力や家族の愛、そして生きることを信じる素晴らしさが伝わってきた。
・ BGM、字幕がほとんどなく、ナレーションだけの地味な作りだが、その内容に引き込まれた。
・ 若い女性が出したくないような所も取材しており、継続的な取材による人間関係の構築がすばらしい。
・ 事故から回復する表情の変化が印象的。それを丹念に積み重ねた画面に共感を覚えた。
・ 声高に叫ぶわけでもなく、恨みを表現するわけでもない淡々とした展開に心を打たれた。
・ 取材のあり方を改めて考えさせられた番組。
・ 番組視聴後に、それを離れていろいろなことを感じさせてくれた。いい番組は読後感に広がりがある。