KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV

 第408回 審議会だより

テレビ高知放送番組審議会

第408回審議会議事の概要 
1.開催年月日
平成19年10月5日(金)
2.出席委員(敬称略)
副委員長 石川 啓子
委員 荒川 浩一
池田あけみ
岡本 康生
下岡 正文
会社側出席者 竹村 修己(常務取締役報道技術センター長)
井上 良介(取締役営業企画局長)
有光 孝一(取締役編成業務局長)
尾崎 泉(テレビ高知映像制作部長)
事務局 笹岡 良昭 (事務局長)
欠席委員 森本 忠彦(委員長)
角  博子(委員)

3.議事の概要

(1)議題
番組の合評 ハイビジョンスペシャル土佐に生きる「島に生きる〜宿毛市沖の島〜」
放送 19年9月29日(土)16:00〜16:55

(2)審議の概要 
上記番組視聴の上、合評
次回定例会の確認
JNN系列合同番審への提出意見確認

(3)上記議題に対する各委員の意見の概要は次の通り
・ 過疎や離島の問題を考えさせられる番組ではあったが、登場人物が断片的で、つながりが分かりにくかった。
・ ようやく、「ハイビジョンスペシャル」らしい内容であった。
・ テーマとした「ふるさと」とは何かの答えは出ないが、メッセージは伝わった。
・ 過疎など陰の部分だけでなく、明るい暮らしぶりも紹介され、構成としては良かった。
・ インタビュアーの的を射ない質問内容は余分。
・ これまでのシリーズは、無理にテーマを作り上げた感じだったが、今回は日常生活をテーマにした良い番組。
・ 日常の暮らしだけでなく、風俗、習俗など題材を広範に取り上げ、過疎過密に関係ないコミュニティーのすばらしさが
描かれている。
・ 特定の島の紹介だけでなく、何かを投げ掛けている気がした。
・ 字幕のとらえ方に、送り手と受け手の乖離がある。真摯に生きている人達、またシリアスな番組での字幕の扱いは、
相手を茶化しているように受け止められマイナスである。同時に、番組が悪い意味での軽さになる。
・ 字幕処理の判断基準が分からない。一貫性がなく邪魔に感じた。
・ 卒業して、島を出たあと子供たちが島にどんな思いを残しているのか。視聴者感覚としては、その子供たちの先を
見たかった。
・ 新聞の番組欄の誤った紹介は問題あり。
・ 記録としても、県外に紹介しても良い番組。
・ 番組の最終段階で、島のいろいろなシーンがフラッシュバック的に登場したが、あのような映像を本編に活用すれば、
さらにハイビジョンらしいのではないか。