KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV

 第401回 審議会だより

テレビ高知放送番組審議会

第401回審議会議事の概要 
1.開催年月日
平成19年2月2日(金)
2.出席委員(敬称略)
委員長 森本 忠彦
副委員長 石川 啓子
委員 荒川 浩一
岡本 康生
下岡 正文
角  博子
別役 重具
山岡 美千代
吉本 佳代
会社側出席者 藤原 健男(代表取締役社長)
石 眞一(専務取締役)
竹村 修己(常務取締役報道技術センター長)
井上 良介(取締役営業企画局長)
有光 孝一(取締役編成業務局長)
事務局 笹岡 良昭 (事務局長)
欠席委員 下岡 正文

3.議事の概要

(1)議題
番組の合評 第2回日本放送文化大賞グランプリ受賞作品
信越放送制作「無言館・レクイエムから明日へ」
放送 19年1月4日(木)

(2)審議の概要 
上記番組視聴の上、合評
JNN系列放送番組審議会近畿中四国地区協議会報告
次回定例会の確認

(3)上記議題に対する各委員の意見の概要は次の通り
・ さすがにグランプリ受賞作品。非常に感銘を受けた。
・ 絵の鑑賞のさせ方、カメラワークが見事で、主人公の思いが全編から伝わってきた。
・ もっと多くの絵を見せて欲しかった。
・ 絵の修復課程が、克明に必要だっただろうか。
・ ナレーションが良かった。
・ ナレーションが思わせ振りで、最初は嫌な気がした。
・ 絵の修復と「記憶のパレット」の修復を、意味深く構成していた。
・ 無理なく観え、制作者の意図が伝わる番組だが、タイトルは「レクイエム」ではなく「鎮魂」で良かったのでは。
・ 出演者の言葉がゆったりしていて、言いたいであろう言葉がきちんと取り上げられている。
・ カメラワークがすばらしい。普通の映像なのに、静けさの中に凛とした雰囲気が漂っている。
・ 音楽もすばらしく、内容や画面に沿っている。
・ 何気ない市井の人達が、人間のすばらしさを確実に伝えてくれている。
・ 反戦なんかを越えたレベルの人間賛歌であり、芸術のすばらしさを感じた。
・ 何の煽動もてらいもない注目すべき作り。
・ 重厚で秀逸の番組。
・ 登場人物全員が、番組の品格を上げている。
・ ペンキ事件の扱いが、重厚さを下世話にした感がある。
・ 「心の劣化」というメッセージをポジティブな例で取り上げている。
・ 表現力や演出力が豊かで感動した。
・ 言葉、単語がぴったりで、芸術に長けた人は、何を伝えたいのかを聞く側が分かる表現をする。
・ 絵を画いた人の心を大事にした番組。
・ ここをお伝えするので、あとは皆さん考えてという上手な作り。
・ 地味な内容の中に、訴えるものが、ひしひしと伝わってきた。