KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV

 第400回 審議会だより

テレビ高知放送番組審議会

第400回審議会議事の概要 
1.開催年月日
平成19年1月11日(金
2.出席委員(敬称略)
委員長 森本 忠彦
副委員長 石川 啓子
委員 荒川 浩一
岡本 康生
下岡 正文
角  博子
別役 重具
山岡 美千代
吉本 佳代
会社側出席者 藤原 健男(代表取締役社長)
石 眞一(専務取締役)
竹村 修己(常務取締役報道技術センター長)
井上 良介(取締役営業企画局長)
有光 孝一(取締役編成業務局長)
福島 和彦(報道技術センター部長)
事務局 笹岡 良昭 (事務局長)

3.議事の概要

(1)議題
番組の合評 「イブニングKOCHI年末特集」
放送 18年12月29日(金) 16:54〜18:00

(2)審議の概要 
社長の年頭あいさつ
上記番組視聴の上、合評
次回定例会の確認

(3)上記議題に対する各委員の意見の概要は次の通り
・ 県民が選んだ10大ニュースは、常識的で的を得た見方。
・ ニュースを切っ掛けにコーナーを構成する手法は、演出として工夫されているが、10大ニュースと混乱してスッキリしない部分もあった。
・ 工夫と着想はおもしろかったが、全体的に未整理。
・ ギター演奏の中継は唐突感。歳末風景のひとつであれば良かったが、木に竹をつぐ印象。
・ ごく一般的な年末特集番組。
・ スタジオの進行が暗い。ニュース内容は暗くても、希望や元気を与えてくれる番組づくりをして欲しい。
・ アンケート方法は、デジタルの利点を活用してはどうか。
・ 順位別の得票数を知りたかった。
・ 登場人物の話を字幕にしていたが、しゃべりと字幕が違っていた。
・ 記者の解説の途中で、司会者が話を取ったのは残念。
・ 市場の中継は閑散としていたが、「にぎやか」と表現した。状況に合ったレポートを。
・ 前年の軽すぎる作りからいうと丁寧で好感が持てた。
・ 事件のナレーションが浮いて腹立たしかった。
・ 全国のニュースとの比較もして欲しい。
・ スタジオのモニター画面が常に動く。どうして動かすのか腑に落ちない。擬音も多く、さわがしい音と画面は、子どもに見せたくない。
・ 自治体の長の怒りには好感が持てた。あのような視点を番組づくりに生かして欲しい。
・ 女性のナレーションの「である」調は無理がある。
・ 暗い世相は社会のシステムを変える時期。そのための声を出すのが地方メディアの役割。
・ 「ベストスリー」と表現したが、ニュースに対する適切な表現だろうか。「上位」「トップ」「ワースト」などが妥当ではないか。