KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
テレっちのたまご
カテゴリ
■Chef's Kitchen (18)
■Village2018 (9)
■おけいこリサーチ (57)
■おでかけmarche (67)
■さけさかな (110)
■ソロメシ (27)
■チャチャッとレシピ (387)
■テレっちピックアップ (59)
■高知ユナイテッドSCサポーターズ (2)

番組情報
テレっちのたまご
月火水木金
16時15分〜16時50分

「テレビ」に「高知」の全てをギュっと詰め込んだという意味の「テレっち」。そして“産みたて新鮮”というイメージで「たまご」をつけました。
新鮮であり、やさしさがあり、あたたかみのある情報番組を目指し、グルメやレジャーはもとより子育てや地域の情報など様々な話題を「生放送」ならではの切り口で放送いたします。
http://www.kutv.co.jp/teletchi/

 

最近の記事
[チャチャッとレシピ]
■7月18日(水)ゴマ香る☆ピリから鶏そうめん
[チャチャッとレシピ]
■7月16日(月)豚肉のオクラ巻き
[さけさかな]
■7月12日(木) 地鶏庵
[ソロメシ]
■7月11日(水) 味舗 うな泰
[チャチャッとレシピ]
■7月11日(水)いかときゅうりの中華風炒め
[チャチャッとレシピ]
■7月9日(月)めかぶと鶏肉のボリュームサラダ
[さけさかな]
■7月5日(木) はがじぞう
[ソロメシ]
■7月4日(水) 炭火素敵屋 泉家
[チャチャッとレシピ]
■7月4日(水)なすの海老とオクラあんかけ
[チャチャッとレシピ]
■7月2日(月)鮭とアスパラのゆずマヨ

1
 
2
(1)
3
 
4
(2)
5
(1)
6
 
7
 
8
 
9
(1)
10
 
11
(2)
12
(1)
13
 
14
 
15
 
16
(1)
17
 
18
(1)
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[おでかけmarche]
■11月3日(金・祝)は瓶ヶ森の紅葉!
この日はスーパーバンドのゴッチが
いち早く紅葉が見られるという
愛媛との県境、いの町の瓶ケ森へドライブに。

仁淀川沿い国道194号を北へと車を走らせます。
しかし周りの山々はまだ青々。
「ほんとに大丈夫かな?」時期尚早ではとちょっと不安に。 
 
しかし吾北、
本川地区に入ってくると景色が一変。

山々が美しい紅葉で
彩られていました。 
いよいよ194号から瓶ケ森の登り口へ。

ちなみにここまでの道中も
思わず車を止めたくなるような
美しい景色がたくさんありました。 
30分弱車を走らせると町道瓶ケ森線=通称UFOラインの入り口へ。
11月末〜冬期は閉鎖されます。およそ27kmを空に向かって登って行きます。 
 
目の前に広がる紅葉、
遠くの真っ赤になった山々、
そして澄み切った空。 
放送ではありませんでしたが
道中にある岩盤を
人力(?)で削り抜いたかのような
トンネルもなかなかの迫力でして
ドライブコースとしては最高です。 
ほぼ頂上まで車で行けますので、
登山ができない方でも安心です。 
 
撮影の日は空気の冷たさも気持ちいいと
感じられるいいお天気でしたが、
日によっては
息が白くなるほど
冷え込むこともあります。
必ず、羽織れるものを
用意して行くようにしましょう。 
ちなみに撮影したのは11月1日。
頂上の紅葉はもう終っていまして、だいぶ下りて来ていました。 
 
 
本来は10月中旬頃がベストシーズンだそうです。
それにしても紅葉終盤でこの絶景とは・・・
ベストシーズンという瓶ケ森の美しさはいかばかりか・・来年再トライしたくなりました。 
 
さて来た道をもどり、瓶ケ森ふもとにある
お食事どころ「一の谷やかた」にやってきました。 
 
道沿いにある山門をくぐり中に入ると、
ここにも驚きの絶景が。
予想だにしなかった
絶景の出現に
ゴッチ笑い出します。 
京都のような美しい幽谷の景色。 
 
このあたりには平家平という地形も
残されているように
平家の落人伝説があります。 
地元の方の話では一時陣を構え、
落ちてくる敗残の兵を収容した後、
あたり一帯で
生活をしていたそうです。 
この一の谷やかたも
平家の武将の末裔という方が
数年前まで支配人だったそうですよ。 
ここの落人伝説が
先にテレっちでも放送した
越知町横倉山の
安徳天皇平家伝説にも
つながっているのです。 
そんな歴史ロマンを感じさせる場所で
いただける絶品メニュー、
まずは軍鶏すきコース。 
 
軍鶏はお隣伊予の
“負けんがやき寒太郎”軍鶏を使用。
軍鶏といえば
龍馬をイメージする人も多いですよね。 
こちらではその時代に合わせて
肉以外は根菜類を
豊富に盛り合わせています。

また割り下の味も絶品。
締めにご飯を入れて
雑炊にもできます。 
もう一つのおすすめは湯豆腐コース。 
 
こちらは吉野川源流水を使用し、
毎日手作りのお豆腐がいただけます。 
きめ細やかな歯ごたえと
のどごしが味わえる逸品です。 
なによりもこの絶景の中、のんびりと囲炉裏を囲んで
お食事ができるというのは何よりの贅沢。
国道194号から瓶ケ森登り口に入って
比較的すぐです。是非山門をくぐって美しい絶景を見てみてください。